整備日記13



念願のウィンチ装着

2006年9月 ず〜っと欲しくても手に入れられなかった ウィンチを購入しました。



ヤフオクで ウォーン XD9000の未使用品が出品されており、
入札の結果 9万円をちょっとで落札出来ました♪


ということで早速取り付け開始!!







まずは アイバのバンパーを外します。
アイバのバンパーは 上下2分割の構造になっており、 上の部分を外せばウィンチベッドが出てきます。

すると こんな姿が見えます。

これはこれでなんかカッコ良く思えるのは
僕だけ?(^^ゞ
続いて フェアリードを装着します。
そして 本体を装着して また元に戻します。
正面からみると こんな感じです。
結構すっきりしているでしょ!!
コントロールBOXは ぱっと見にはバンパーの中に隠れてます。




マフラー交換

2006年11月 砲弾タイプからクロカンタイプへ変更しました。




10月の走行会の時に ちょっと厳しいヒルクを登る際に マフラーを
思いっきりHITさせてしまいました。


そろそろ交換しようと思っていた頃でもあり クロカンタイプに交換することに
決定!!





こんな感じで テール部分を思いっきり曲げてしまいました。


これが曲げてしまった部分です。
今回以前にも何度もヒットさせている為 かなり損傷が
激しいです。
にもかかわらず アイバのステンレスマフラーは丈夫なせいか
折れたり 穴が開くということはありませんでした。

エンド部分はこんなにも損傷しています。

っていうか こんな走り屋系の砲弾タイプで
クロカンする方がどうかと思いますが・・・(^^;


これが今回装着した アイバ製のクロカンタイプです。

以前よりは デパーチャーアングルは増えました。
が、見た感じでは これでもまだヒットしそう。。。

その時には もう少し短くカットしようかしら・・・

ところで アイバワークスでは 95のマフラーは
受注生産にしたそうです。
今回 発注から納品まで約1ヶ月かかりました。
また タンクガードに至っては 既に生産中止だそうです。
95のパーツって徐々に減って行くのでしょうか・・・(涙)





タンクガード交換

2006年12月 JAOS製からアイバ製へ交換しました。




10月の走行会の時に マフラーをHITさせると共に実はタンクガードも
派手にHITさせてしまいました。


それ以前から 何度もHITさせており、そこそこ変形もしてたのですが
今回は こちらも派手に曲げてしまってました。

マフラー交換時にSHUEIを通じて アイバワークスへ在庫の有無を確認して
もらったところ なんと! アイバワークスでは 「2006年4月をもって 95用
タンクガードの製造は中止した」 とのこと・・・オィオィ

アイバのタンクガードは JAOSに比べて強度がある と聞いていたので 次に
交換する際には アイバ製にしようと思ってたのにぃ・・・

が、よくよく聞いてみると最後の1枚がまだ 
アイバの工場内にある とのこと!!

当然 「じゃぁ 買います!!」

ということで 今回交換することとしました。







こんな感じで JAOSのロゴの部分から曲がっています。
ステーも大きく曲げてしまいました(^^;

「JAOSは『くりぬきの部分が結構弱い』と聞いていまし
たが、その通り 「くりぬき」部分がハデに曲がっています。

タンクガードは『消耗品』ですから仕方ないのですケド・・・
(言い訳)

これが 『アイバ製タンクガード』です。

JAOSのがステンレスだったのに対し こちらはアルミ製です。
また JAOSのは 純正タンクガードを装着したまま その上
(覆うように)タンクガードを装着してましたが、アイバのは
純正タンクガードを外して取り付けます。
この結果 タンクガードの位置(地上高)は JAOS製に比べて
高い位置になりました。

また 純正ガードを外した分 ステンレスからアルミになった分
軽量化にも繋がりました!






前ページへ

整備日記トップへ

ホームへ