icon Magnetism Trimesters


  ゼータは、長い間、「約4月、および8月、12月の終わりに磁気期間が存在するむと述べてきた。 これらの中で最も強いものは夏の磁気期間だ。

 磁力が、他への一方から流出している粒子によって、北極と南極に極化させらたと見えるので、磁気期間があるというアイデアは紛らわしい。
 私達は、「太陽の磁力が太陽系の端やいや、それをも越えて達し、支配している」と説明した。
   例えば、水星と地球は太陽の永久的な整列と接合し、11年ごとに磁場を逆にして、太陽がシフトすると言う人々のために、「NASA自身のユリシーズ探査船はそれらを2001年に間違いである」と証明した。
   脈動するより大きな磁場の磁気の流れラインに沿って整列した太陽系自身を想像せよ。  磁気期間がこの進行と関係がある時に、磁気の惑星、地球が365日かそこらごとに太陽を周回していることは全然偶然ではない。
ゼータトーク: 磁気期間(各4ヶ月*3)Magnetic Trimesters, written December 20, 2006
 巨大な磁石が太陽系を支配する時、太陽は何故、それがする方向でその極を持つ、南北を指し示すのか? この議論に遅れている彼らのために、太陽はNASAが言うように11年ごとに極性をリバースするわけではなく、すべての惑星に影響して、太陽の磁場は太陽系の外の限界を越えて達している。 太陽は同様に、それを取り囲む影響の命令下にある、そして太陽が進むと、惑星も進む。
ゼータトーク: 磁気期間(各4ヶ月*3)Magnetic Trimesters, written 2001

2009年10月に、NASAのIBEXは太陽圏のすぐ外の新しく発見された磁気のリボンのその最初のマップを提供した。
これらのマップは6ヶ月ごとに、2010年10月のまさに最近と2010年春の2番目に提供された。 NASAは、変化が6ヶ月の期間以内に磁気のリボンの中で起こると宣言した。 彼らが6ヶ月ごとにマップを入手するだけの時に、彼らは正確なタイミングについて確信がないけれども、彼らは、変化が6ヶ月の期間によって起こったと確信している!

太陽系の端でリボンの中で結び目が「解ける」
September 29
http://www.swri.org/9what/releases/2010/knot.htm
 地球物理研究ジャーナルの中でオンラインで発表された論文によると、私達の太陽系と惑星間空間の間の境界から、ニュートラルな原子が発散する狭いリボンの、明るい異常な「結び目」は、「解けた」ようだ。
 研究者は、惑星間空間と太陽圏(地球と他の惑星が存在する保護する泡)の間で、NASAの星間の境界エクスプローラ(IBEX)宇宙探査船によって作り出されたマップの中で最初に明らかにされたリボンが相互作用に呼応して形を成すと信じている。
IBEXに乗る敏感なニュートラルな原子検出器は6ヶ月ごとにこの地域の世界地図を作り出す。
 
 NASAのIBEXは太陽系の端でミステリーな排出を見つけている。
October 15, 2009
http://www.foxnews.com/story/0,2933,567020,00.html
「リボン]は整列し、外部の磁場によって支配されます」とマコーマスは木曜日にブリーフィングにおいて述べた。 「それは、起こっているものについての大きな手掛かりだ」。 「しかし、まだ、私達は相互作用のある本当に根本的な事が理解できない - いくらかの基礎物理を私達は理解していない」。 新しいIBEX結果はジャーナル科学の10月16日号に発表されるだろう。

icon