iconアヌンナキと金 19 sep 2010


1995年10月15日に、ゼータは、「エル・ドラド(xxx)についての神話が、惑星に戻るように熱と光りを反射し、それが流失することを防止するために、金を彼らのホーム惑星の大気の中に置くアヌンナキの必要性に基づいた」と述べた。

 人類が装飾のために、又は流通貨幣として金を使う所で、12番目の惑星(惑星X)からの訪問者は、生き残りのために金を収集していた。
 太陽系外のその長い軌道の彼らのホーム惑星は、大気に富んだ地球を襲う、 太陽のまわりのよりもの静かな軌道の他の惑星は、 苦しまない。
 彗星のように動く時に惑星Xによって作られた太陽を過ぎて速い通過を考慮しなさい。
それは、実に高速で3ヶ月で太陽系の一方から他方へ動く。
 定期的にあちこちで惑星Xは大気を失う、これが基本的に水惑星である豊富な海洋からの再構築されえる所で、一定の構成要素は枯渇する。
 大気中の分子は、金を含んでいて、これらの金で基づいた分子なしで惑星が減光し、冷却するので、表面に戻って、本質的に熱と光りを保持するために、惑星が、発生させる熱と光りを保持するのに必要だ。
ゼータトーク: エル・ドラドは1995年10月15日書かれた

 2004年に、物理的審査レターの中で出版された記事は、「惑星Xの大気の中の金(nano)粒子の光りの反射」というゼータトークの主張を報告した。

超連続体 白色光り共焦点顕微鏡を使っての金のナノ粒子の検出と分光学。
物理的審査レター、Vol.93、No.3、2004年7月の終わりの週
http://www.nano-optics.ethz.ch/publications/lindfors.pdf
終わりに、私達は、完全に光学式のテクニックを使って、個々の金ナノ粒子を10nm未満で検出することに成功した。 さらに、フォーカス可能な超連続体白色光のソースを使って、私達は初めてこれらの粒子のプラズマースペクトルを記録した。
 

icon