icon Solar System Magnetism:太陽系の磁場


ゼータは、いつも、太陽が太陽系の磁場を支配し、NASAが主張したように、11年ごとにその極を反転したわけではないと断言した。 ゼータは、太陽の影響が太陽系の端に達し、太陽系に影響している磁界特性が、ゼータが磁気三半期期間と呼んだものを引き起こして、太陽系を越えて来たと述べた。
The Zetas stated that the Sun's influence reached to the end of the solar system, and that a magnetic influence affecting the solar system came from beyond the solar system, triggering what the Zetas called the Magnetic Trimesters.

 彼らが彼らの表面上の参照オブジェクトのフレームとして使うので、惑星の間の磁界特性は、人が想像しているより大きい。 マグマがポールシフトの間に火山の噴火の後で硬化した時に、長い長い期間の間にさまざまな極同盟を表して、地球の地殻は磁気的に放散している。 コンパス上の敏感な針だけが、自由に浮かんで、地球の中心コアによって整列して急速に動くように、地球の厚い地殻はこのように盾になる。 惑星の磁界特性はその地殻によってカプセル化されないけれども、太陽系の端までさえ、これを越えて達する。
ゼータトーク: 惑星内磁場1996年2月15日
最も抵抗の少ない進路が、ガス状惑星の中で定着される時、磁力子の流れは、領域内に支配的な影響力のある、太陽のS極への最短距離をとります。 そのようなガス状の磁石を通って流れる複数の素粒子は、彼らが通って来たばかりの惑星のS極に戻りませんが、太陽のS極へと進みます。  この流れの影響下で磁石が振れ動く進路により方向が決定されるので、素粒子の流れではなく、流れの方向により、磁場は人間に計測されます。  従って、ガス状惑星の磁場を計測するために送り出された探査機は、ガス状惑星のS極と、移動中の磁力子の激しい流れの伝達手段として働くために調節された検査用磁石の両方への整列状態へと、ガス状惑星の検査用磁石が振り動かされる状態になります。 ガス状惑星の周囲に現実に生じた場も無く、ガス状磁石のN極からS極へと戻りもないという事実は、気づかれていません。 磁力子=magnetic particles S極=(the)south pole N極=(the)north pole

ゼータトーク 反対 2001年


太陽系を支配している巨大な磁石は、北と南を指し示し、それが指し示す方向には北の極と南の極があるが、何故それが太陽なのか?  この議論に遅れている人のために(述べると)、NASAは太陽が11年毎に極を反転させていると言明しているが、太陽は極を反転させていない。太陽の磁場は、太陽系の外側の境界を越えて及び、全ての惑星に影響する。太陽もまた、太陽を取り巻く影響に従っていて、太陽がそうであるように、惑星もそうである。私達は「太陽が回転する時、太陽の中央から伸びている何百個という粒子流がある。もっとも明らかな粒子流の一つが、地球と惑星Xが、にらみ合っている間の規則的な衝撃によって、太陽の「吹き払い」腕として知られる、反時計回りの軌道に沿って惑星をかすめるものである」と述べた。
ZetaTalk: 磁気三半期期間Magnetic Trimesters2001年

2009年10月15日に、NASAは、どう太陽系が形成されたかの優勢な概念が悪かったと認めていた。 彼らは、それが前のノーズコーンと後ろの尾部の形のような彗星を作り、太陽風によって区切られたと仮定した - 。 彼ら自身の調査は、磁性粒子の流れによって区切られて、太陽系が泡の形であったことを証明した。

カッシニのデータは太陽系の形を再描画することに役立っている。
October 15, 2009
http://www.jpl.nasa.gov/news/features.cfm?feature=2337
  NASAのカッシニ宇宙船上のイオンとニュートラルなカメラからの画像は、太陽圏(太陽の影響の地域)が既存のモデルによって予測された彗星のような形を持たないかもしれないことを示唆する。
 科学イクスプレスの中で10月15日発表された論文の中で、ジョンズ・ホプキンズ応用物理研究所からの研究者は、それを形づくる太陽圏と力の新しい形を提出する。
   太陽風が太陽から流出する時に、それは星間物質の中で泡を努力して得る。 太陽圏と星間物質の間の境界領域のモデルは、星間物質の相対的な流れと太陽風とのその衝突が相互作用を支配するという仮定に基づく。
   これは太陽系の動作の方向の短縮された「先端」と逆方向の伸びた「尾部」を作成するであろう。 イオンとニュートラルのカメライメージは、星間物質との太陽風の相互作用が代わりに粒子の圧力と磁場エネルギー密度によってよりかなりコントロールされることを示唆する。
 
NASAのIBEXは太陽系の縁でミステリーな排出を見つける
October 15, 2009
http://www.foxnews.com/story/0,2933,567020,00.html
「[リボン]は位置合わせされて、外部の磁場によって支配される」とマコーマスは木曜日にブリーフィングにおいて言った。 「それは、起こっているものについての莫大な手掛かりである」。 「しかし、まだ、私達は相互作用のある本当に根本的な面に失敗している - いくらかの基礎物理は私達の理解から行方不明である」。 新しいIBEX結果はジャーナル科学の10月16日号に発表されるであろう。

icon