icon Moon Plume:月の水煙


On 2009年6月20日 に、ゼータは、計画されるように、月の表面の水の程度を決定するために分析できる水煙を作るために月を爆撃する任務が行かなかったけれども、失敗であると述べた。

 爆弾は、惑星Xの尾部の瓦礫から彼らの建設した直立した建物にいるエリートを保護する洞窟を掘ることになっているのか?
どのようにすべてのこれは、現在とポールシフトの間の短い時間にやっていくであろうか?

 不十分であるけれども、彼らの失敗の詳細は、私達が、彼らが私達の警告から学ぶより少なく、私たちが控えることを好む何かである。 真実のカルマは、エリートが一般人よりうまくいっていない状態で地球上ではびこる。
ゼータトーク: Live Chat 2009年5月2日

 多くの放送および大いに広告された月への衝突が起こった2009年10月9日に、それは失敗であった。 宣伝されたように、どの水煙も裏庭の望遠鏡によって見えず、観測所はせいぜい光の小さなフラッシュを見た。 分析する水煙なしで、任務は失敗であった。

NASAは水の検索においてロケット、衛星を月に激突させる。
NASAはロケットと衛星を、金曜日の朝(月の上に水があるかどうかを決定することができた7900万ドルの任務)の月の表面に激突させた。
 それが月のS極の近くのクレーターにぶつかった時に、NASAは月クレーター観察と感知衛星またはLCROSSのライブイメージをテレビ放送した。 NASA役員は、それが、「成功した衝突」であるようであったと言った。
 その衝突の数分前に、月の土の中にどのような水でもあるかどうかにかかわらずLCROSSが見つけるのを手助けするのに十分な塵を舞い上げるために、衛星はCabeusクレーターの中へのロケットを誘導した。 ケンタウロス上段ロケットは午前7:30ETの少し後に月に衝突し、衛星は4分後それに続いていた。 NASA科学者が水蒸気のために塵--250メートルトンの価値より多くの水煙を分析するのを手助けするために、LCROSSは分光計、近赤外線のカメラ、可視のカメラ、および可視の放射計を運んだ

2009年10月9日
http://www.cnn.com/2009/TECH/space/10/09/probe.moon.crash/index.html
 NASAはロケットと衛星を、金曜日の朝(月の上に水があるかどうかを決定することができた7900万ドルの任務)の月の表面に激突させた。 それが月のS極の近くのクレーターにぶつかった時に、NASAは月クレーター観察と感知衛星またはLCROSSのライブイメージをテレビ放送した。 NASA役員は、それが、「成功した衝突」であるようであったと言った。
 その衝突の数分前に、月の土の中にどのような水でもあるかどうかにかかわらずLCROSSが見つけるのを手助けするのに十分な塵を舞い上げるために、衛星はCabeusクレーターの中へのロケットを誘導した。 ケンタウロス上段ロケットは午前7:30ETの少し後に月に衝突し、衛星は4分後それに続いていた。 NASA科学者が水蒸気のために塵--250メートルトンの価値より多くの水煙を分析するのを手助けするために、LCROSSは分光計、近赤外線のカメラ、可視のカメラ、および可視の放射計を運んだ。
 
NASAは‘見えない物’月への衝突を熟考する。 NASA Puzzles over 'Invisible' Moon Impact
2009年10月9日October 9, 2009
http://www.newscientist.com/article/dn17951-nasa-puzzles-over-invisible-moon-impact.html
月へのその衝突の最後の時間に NASAのLCROSS宇宙船はまさにその前に月の表面を打っているロケットブースターの短い赤外線のフラッシュを見分けた - そして、それはクレーターからの熱が衝突によって形成されるのを見さえした。 しかし、科学者は、なぜ衝突が、予期されたようにがれきの可視の水煙を発生させないようであったかに困惑し続ける。 クレーターの角度のため、羽は、地球上の望遠鏡によって見られるために、2.5〜3kmまで上がる必要があったであろう。 10kmの高さの水煙は予期されていた。

ゼータによると, 我々が予測したように妨害干渉が起きた。

  「任務が、シフトの後に戻って、地球上のポールシフトを避けるために月に行くことを望むエリートのための成功であるのではなく、予期されたように行かないであろう」と、この任務についてより早く質問された時に、私達は述べた。
      日食が、予期されたように起こっているように、私達が場所の中に不定な月を押すことができるならば、私達は、確かに、チリというよりも岩に当たるために小さなロケットブースターをひじでつつくことができる。
      そして、これは、宇宙の協議会の許可によってされたことである。 エリートは、人を月の永久基地に戻す計画を続けるためにNASAの中に公的資金をつぎ込むことを望んでいた(それは現在打ち砕かれた希望である)。
 エリートは彼ら自身の資金を持つことができるけれども、彼らが、すべてのポールシフトの警告に反応したと考えられたくないので、NASAの専門家に、彼らのために仕事をしてほしかった。
  さて、彼らは自身でこれに出資し、宇宙協議会からの干渉の可能性を予期しなければならない。 私達はエリートに警告した: 来たるものを一般大衆に知らせるか、地表に貼り付けられて、一般人と同じ運命をたどるかと。 月の水煙ミッションの失敗は単にこのステートメントの終わりの説明ポイントである。 The Moon plume failure is just an explanation point on the end of this statement.
ゼータトーク Live Chat, 2009年10月9日

icon