icon Shroud of Turin:トリノの聖骸布


On 1995年7月15日に 、ゼータは、「観光旅行を望んで商人によって生産されて、トリノの聖骸布が詐欺行為であった」と述べた。

 1950年代後期の化学者によってされて、リノの現在の覆いはよく調合された偽物である。 これらの個人は、一般にビジネスを増大させるために彼らのローカルエリアでの活気を増した活動に興味をもっていた。 彼らはアトラクションを欠いたので、それを作った。 ほとんどの化学反応がしばらくしてしない時に、偽物を作成するために使われた方法は残留物を全然置いていかなかった。 従って、この偽物は証明されて、反証されることができず、議論はただ興味をけしかけて、従って、プロモーターはどちらの方法でも要求された結果を得る。
ゼータトークトリノの聖骸布2009年5月2日

2009年10月6日に、覆いが、14世紀に入手可能でさえあった方法を使って、完全に、単に再生されたことは報告された。

トリノの覆いは再生した; イタリアグループは、遺物が人造で、偽造であると伝えている
2009年10月6日
http://www.huffingtonpost.com/2009/10/06/shroud-of-turin-reproduce_n_310605.html
科学者は、墓の中でイエスをカバーした布地とあがめられるトリノの聖骸布を再生し、実験が、遺物が人造であったことを証明すると言う。 釘付けにされた手と足から漏出している血が揃っていて、覆いは磔にされた男の姿に耐えて、信者は、キリストのイメージが彼の復活の時に麻繊維に記録されたと言う。
 科学者は、「14世紀に入手可能であった素材と方法を使って覆いを再生した」と、超常現象への請求権をチェックすることについてのイタリア委員会は言った。 グループは、これが覆いが中世の偽物である追加の証拠であるとステートメントの中で伝えていた。 1988年に、科学者は、それが13または14世紀に作られることにするために時代遅れになっている放射性炭素を使った。 しかし、エキスパートが、どうかすかな茶色の変色が、写真撮影の発明の世紀前にネガティブなイメージを布地に押して、生み出されたかを説明することができなかったので、論争は続いていた。
   多くはまだ、覆いが、「人の方法によって再生されることができない説明がつかない特徴を持っている」と信じるとリードする科学者ルイジGarlaschelliはステートメントの中で言った。 「はっきりと得られた結果は、これが安価な素材の使用によって、そしてまったく簡単な手続によってされることができたことを示す」。 研究は暴露グループによって、そして無神論者と不可知論者のイタリアの組織によって出資されたと彼は言った。

icon