icon Air Force One Flyover


On 2009年5月2日に、ライブチャットにおいて、ゼータは、空軍編隊の儀礼飛行が、オバマを当惑させるためにされて、前の政権で終わっている支配パワーによってされた」と言った。

公式な説明さえ意味をなさないので、多くはこの出来事で作られている。 なぜ、爆心地の上空を飛んでいるエアフォース・ワン飛行機の写真撮影がなされたか?
 なぜオバマ政権はこれを要求しさえするか? 私達は、「彼に対して陰謀を企てているオバマの多くの敵がある」と述べた。
 彼をそうと思われた出生証明書問題のため大統領として解雇させる全キャンペーンは1つのそのようなキャンペーンである。
   これはまだなされているけれども、私達が述べたように、長所の上で失敗するであろう。 オバマが勝ったことと大統領になることに激怒している共和党の中の連中がある。
 権力の座から外されて、チェイニーは激怒している。
   少なくともオバマを当惑させ、弱めることに努めることに協力することを期待される連邦政府の中の個人がいる。 この編隊儀礼飛行はオバマの指令、ホワイトハウスで彼に近い彼らのどの指令でもなかった。
   責任がある彼らは舞台裏で扱われるであろう。 残念なことに、このナンセンスな事は、より多く、予期される。
ZetaTalk: GLP Live Chat, written May 2, 2009

数日後、前の政権からの繰り越された軍隊が、編隊儀礼飛行を命令し、ホワイトハウスス

ホワイトハウスの補佐官はN.Y.編隊儀礼飛行のことで辞任する
2009年5月8日
http://www.reuters.com/article/marketsNews/idUSN0849435120090508
。 都市で何人かの人々の間のパニックを起こしたニューヨークの空軍編隊の儀礼飛行を認可したホワイトハウス軍事顧問は辞任した。
 ルイスCalderaは、任務--背景で自由の女神によってエアフォース・ワンとして使われたジャンボジェット機の写真撮影--をめぐる議論が、彼がホワイトハウス警護室を導くことを不可能にすると辞表の中でバラク・オバマ大統領に言った。 写真撮影のための下マンハッタン上のフライトが、2001年の9月11日のテロが、ワールドトレードセンターを破壊したハイジャックされた定期旅客機に関係したのを覚えていた何人かのニューヨーカーは脅えた。 飛行機が上に飛んで行った時に、何人かの人々はオフィスビルで、怯え空にした。 Calderaは任務を承認した。
ロバート・ゲイツ国防長官が、写真撮影が米国の納税者に357,000ドルもかかるとジョン・マケイン上院議員への手紙の中で言ったのと同じ日に、彼の辞任は来た。 ホワイトハウスのスポークスマン ロバート・ギブズは、「オバマが辞任を受け入れた」と言った。
出来事が4月27日に起こり、レビューを要求した時に、オバマは激怒すると評された。 Calderaは事前に編隊儀礼飛行について関連したホワイトハウスの役員に通知しなかった。 「なぜ彼が、そうすることに失敗したかを尋ねられる時に、彼は理路整然とした説明を述べなかった」。 「彼は、それが意識的な決定ではなかったと述べた - 彼は、それらに通知しないつもりでなかった」とそれは言った。 「代わりに、彼は、それがミスであったかもしれないことを示唆した」。

icon