icon Swine Flu


On April 25, 2009 ブタインフルエンザ -------------------------------------------------------------------------------- メキシコブタインフルエンザ発生が最初に起こった2009年4月25日に、ゼータは、これが、5%のレートで動いていたメキシコの死亡率、1918年のbridインフルエンザの流行の間に起こったのと同じ死亡率にもかかわらず大流行病にならないであろうと述べた。 この突発の開始から、これがウイルスの自然な出現ではなかったことは明白であった。 3つの異なる大陸からのブタウイルス、鳥ウイルス、および人のウイルス。 どのようにものは、3つの異なる大陸に移動したブタからブタインフルエンザに感染するか? ブタインフルエンザは普通ブタから人とそこまで停止を旅行するけれども、この緊張は、人のインフルエンザウイルスを含めることによって人から人トランスミッションを保証することであった。 この発生における変則のリストは長く、世界中で招かれた非難を持っている。 彼らがブタへの露出を旅行せず、持っていなかった時に、また別の疑惑は、市民、主に子供が米国で感染した方法である。 突発は普通、たどられることができる跡を持っていて、これは、旅行するそれを感染させて、まだ別のものを感染させる。 しかし、ここに、大きな飛躍がある。 それは率直に植えられるようで、それはそうである。 誰がこのたくらまれた突発から利益を得ているか(それは大宣伝にもかかわらず大流行病にならないであろう)。 vacinesが入手可能ではない所で2のインフルエンザが麻薬を飲むことに注意しなさい-タミフルとRelenzaは、伝えられるところでは効果的である。 ゼータトーク: 2009年4月25日書かれたGLP住みチャット when the Mexico swine flu outbreak first occurred, the Zetas stated that this would not become a pandemic, despite the death rate in Mexico which was running at a 5% rate, the same death rate as had occurred during the 1918 brid flu epidemic.

From the start of this outbreak it was clear that this was not a natural emergence of a virus. Pig virus from three different continents, an avian virus, and human virus. How does one catch a swine flu from a pig that has traveled to three different continents? Swine flu normally travels from a pig to a human and there stops, but this strain was to ensure human to human transmission by including human flu virus. The list of anomalies in this incidence is long, and has eyebrows raised all around the world. Yet another suspicion is the means by which citizens, primarily children, were infected in the US when they have not traveled or had exposure to pigs. Outbreaks normally have a trail that can be followed, this one infects that one who travels and infects yet another. But here there are great leaps. It frankly looks planted, and it is. Who benefits from this engineered outbreak, which will not become a pandemic despite the hype. Note that where vacines are not available, two flu drugs - Tamiflu and Relenza, are reportedly effective.
ゼータトークZetaTalk: GLP Live Chat, written April 25, 2009

5までのレベル、全国的流行のレベルである6直下のレベルを上げている世界保健機構にもかかわらず、まん延し続けたインフルエンザが穏やかになったので、これは大流行病にならなかった。 メキシコのオリジナルの死亡率と他の国へのウイルスの大きな広がりにもかかわらずこれ。 全国的流行の‘差し迫っている’: WHOは5までブタインフルエンザ大流行病警戒基準を上げる。 2009年4月29日 http://abcnews.go.com/Health/SwineFlu/Story?id=7456439&page=1 世界保健機構はフェーズ5にその全国的流行のブタインフルエンザ警戒基準を上げた--その2番目に最も高いレベル。 出版されたガイドラインによると、国連の公衆衛生部門であるエージェンシーによる動きは、「大流行病が差し迫っているという強いシグナル」である。 それは世界も置く 公式なグローバルな大流行病からの向こうのシングルステップ 。 米国疾病管理・予防センターによると、米国で、ブタインフルエンザウイルスは11の州に広がり、94人の人々を感染させた。 その間メキシコの保健大臣ホセAngelコルドバは、1,300人を超える人々が入院していて、彼らの何人かがウイルスの全部で約2,500人の疑似患者から「ひどく」病気であったと火曜日の夜言った。 「ここ数日で、低下(場合の)があった」とコルドバは記者会見に言った。 「死数値は多少安定し続けた」。 世界中で、ニュージーランドは11のケースを立証し、イスラエルはものを確認した。 韓国、オーストラリア、およびチェコ共和国はいくつかの疑似患者を発表した。 スペインは1つの以前に確認されたケース、イギリス、2つ、およびカナダ、6を持っていた。 関係している個人のほとんどは最近メキシコから戻った。 Despite the World Health Organization raising the level to 5, the level just below 6 which is a pandemic level, this did not become a pandemic because the flu that continued to spread had become mild. This despite the original death rate in Mexico and the wide spread of the virus to other countries.

Pandemic 'Imminent': WHO Raises Swine Flu Pandemic Alert Level to 5
April 29, 2009
http://abcnews.go.com/Health/SwineFlu/Story?id=7456439&page=1
The World Health Organization has raised its pandemic swine flu alert level to phase 5 -- its second-highest level. The move by the agency, which is the public health arm of the United Nations, is "a strong signal that a pandemic is imminent," according to published guidelines. It also places the world a single step away from an official global pandemic. In the United States, the swine flu virus has spread to 11 states and infected 94 people, according to the U.S. Centers for Disease Control and Prevention. Meanwhile, Mexico's Health Minister Jose Angel Cordova said on Tuesday night that more than 1,300 people were in hospitals, some of them "seriously" ill, out of a total of around 2,500 suspected cases of the virus. "In the last few days there has been a decline (in cases)," Cordova told a news conference. "The death figures have remained more or less stable." Around the world, New Zealand confirmed 11 cases, and Israel confirmed one. South Korea, Australia and the Czech Republic announced several suspected cases. Spain had one previously confirmed case, the United Kingdom, two and Canada, six. Most of the individuals involved had recently returned from Mexico.

ゼータあたり、致死ウィルスは、指名通話で残存し、通過することができなかったけれども、混合の中のより穏やかないとこは通過されていた。 ゼータはメディアの前でさえ2009年4月25日にこれに気づいていたか、世界健康Orbanizationはそれに気づいていた。 メキシコ国外で、このインフルエンザ発生が致命的でないことは非常に明らかである。 実のところ、それは非常に穏やかなインフルエンザであると評される。 米国の中で死んだよちよち歩きの幼児さえメキシコ人で、訪問においてメキシコシティから来て、伝染の前でさえ健康が優れないと評されている。 メキシコの、そして他の場所の伝染のなぜ違い? クローン活動は人の不器用なステップと知識の不足のためいつも成功するわけではない。 このバイオ設計されたウイルスは一緒にスライスされて、バタンと閉まった。 インフルエンザウイルスは、変異するために有名で、それが次々に通過した時に、より致命的でなくなって、これは逆方向に持っている。 メキシコのすべての死は、テキサスで死んだメキシコのよちよち歩きの幼児を含めて、試験管から直接ウイルスによって感染する結果としてであった。 直接露出したけれども死ななかった人々はウイルスを手渡したけれども、修正された州であった。 中古伝染は、これらの個人の免疫系に耐えた修正されたウイルスの通過であり、このウイルスはオリジナルの混合の中で多くのほんの1つであった。 私達があなたに話していることは、強いウイルス(人々を殺すことが可能な人)が、1918タイプの反応をけしかけて、人体の中に生き残らず、それから通過されなかったことである。 通過したものは混合の中ではとこであった(それは穏やかであった)。 ゼータトーク: 2009年5月2日書かれたGLP住みチャット Per the Zetas, the killer virus had not been able to survive and pass person-to-person, but a milder cousin in the mix was being passed. The Zetas were aware of this on April 25, 2009 even before the media or the World Health Orbanization was aware of it.

It is very obvious that outside of Mexico, this flu outbreak is not fatal. In fact, it is described as being a very mild flu. Even the toddler who died within the US was Mexican, came from Mexico City on a visit, and has been described as being in poor health even before the infection. Why the difference between infections in Mexico and elsewhere? Cloning activities do not always succeed, due to man's clumsy steps and lack of knowledge. This bio-engineered virus was sliced and slammed together. Flu virus is notorious for mutating, and this one has, in a reverse direction, becoming less lethal as it passed from one to another. All deaths in Mexico has been as a result of being infected directly by the virus from a test tube, including the Mexican toddler who died in Texas. Those who were directly exposed but did not die passed the virus on, but in a modified state. Second hand infections were the passing of modified virus which survived the immune systems of these individuals, and this virus was only one of many in the original mix. What we are telling you is that the strong virus, the one capable of killing people, inciting a 1918 type of response, did not survive in the human body, and thus was not passed. What passed was a second cousin in the mix, which was mild.
ZetaTalk: GLP Live Chat, written May 2, 2009

The Zetas claim on April 25, 2009 that the virus was engineered was later supported by a virologist in any article dated May 13, 2009.

Swine Flu May Be Human Error; WHO Investigates Claim (Update1)
May 13, 2009
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=afrdATVXPEAk&refer=worldwide
ウイルスが設計されたという2009年4月25日のゼータ主張は後で2009年5月13日付のどのような記事の中のウイルス学者によってでもサポートされた。 ブタインフルエンザは人為的ミスであるかもしれない; WHOは主張(アップデート1)を調査する。 2009年5月13日 http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=afrdATVXPEAk&refer=worldwide 世界保健機構は、地球を一周しているブタインフルエンザウイルスが人為的ミスの結果として作成されたかもしれないというオーストラリア研究者による主張を調査している。 AGのタミフル薬を持っているロッシュの開発を引き起こしていた研究について協力したエイドリアン・ギブズ、75は、彼が、新品種が、ウイルスを成長させるために、科学者が使い、ワクチンを作るために、製薬業者が使う卵の中で偶然発展したかもしれないことを示唆している報告を出版するつもりであるとインタビューにおいて言った。 ギブズは、その遺伝の青写真を分析することによってウイルスの起源を追跡する努力の一部として、彼が彼の結論に至ると言った。 大学のウェブサイトについての伝記の情報によると、ギブズはキャンベラでオーストラリア国立大学での彼の39年のキャリアの間のウイルスの上の250を超える科学の出版物を書いたか、共同執筆した。 ギブズは、彼の分析が、新品種が、10年以上の間北アメリカとヨーロッパのブタの間で流れるインフルエンザの2つの別個の家系の製品であると気付いたウェブのリチャード(メンフィスの聖ジュード子供の研究病院のウイルス学者)を含む科学者による研究をサポートすると言った。 さらに、ギブズは、彼の研究が、新しいウイルスの中の遺伝子突然変異のレートが、それがブタの外で発展したことを提案して、ブタの中で発見された最も密接に関連したウイルスのそれより約3倍速かったと気付くと言った。 The World Health Organization is investigating a claim by an Australian researcher that the swine flu virus circling the globe may have been created as a result of human error. Adrian Gibbs, 75, who collaborated on research that led to the development of Roche Holding AG's Tamiflu drug, said in an interview that he intends to publish a report suggesting the new strain may have accidentally evolved in eggs scientists use to grow viruses and drugmakers use to make vaccines.

Gibbs said he came to his conclusion as part of an effort to trace the virus's origins by analyzing its genetic blueprint. Gibbs wrote or co-authored more than 250 scientific publications on viruses during his 39-year career at the Australian National University in Canberra, according to biographical information on the university's Web site. Gibbs said his analysis supports research by scientists including Richard Webby, a virologist at St. Jude Children's Research Hospital in Memphis, who found the new strain is the product of two distinct lineages of influenza that have circulated among swine in North America and Europe for more than a decade. In addition, Gibbs said his research found the rate of genetic mutation in the new virus was about three times faster than that of the most closely related viruses found in pigs, suggesting it evolved outside of swine.

icon