icon Chemtrails


In 2000年2001年に、ゼータは、「ケムトレイルが、どれほどよく空気から移住する大衆を中毒にかからせることが働くかもしれないかを決定する裕福なものによる実験であった」ことを説明した。 究極の路線は、ポールシフトの後に備蓄物を取り除き、そうするために軍隊を使うことであった。 しかし、軍がこれを発見した時に、彼らは反逆した。

飛行機雲は、うろついている庶民のどれくらい故意の伝染が彼らの進む速度を落とすかもしれないかを見る裕福で、強力な者達の実験である。 実験が群衆コントロールと言い表されたので、これは行われる所で許されている。 これが続くことを可能にしている彼ら(軍隊と国家安全保障グループ)は、一時的な病気だけが起こるであろうと確信していた。
 しかし、エリートの意思は一時的な病気とはとてもいえなかった。 ノースカロライナ、又はユタの、又はワイオミングの谷に落ち着いているエリートグループを想像しなさい。
   なぜ彼らは飢えて、怒っていて、彼らのコミュニティを侵略している下層階級の質団を望むであろうか?
  確かに、行き渡らせるのに十分な食物または供給品がないであろうし、これらのエリートは対等な立場ととても大衆について腹の中で思わない。 それらのロジックは、これらの飢えた大群がとにかく、死ぬことになっているならば、「より早ければ、より良い」である!
ゼータトーク: 飛行機雲計画 2001年12月15日書かれた
 
 2000年に始まって、ケムトレイルのパターンは、大衆の抗議が組織されて、大声になりつつあったところまで大衆の中でアラームを作った。 大会は催されていて、サインされた請願と実行されているテストが主張されるほど無害でなかったことを示している人々の無防備な者達と子供への害に対する文書化であった。
 ケムトレイルテストに気づいている政府の中の彼らは、どの害も大衆にないであろうと確信していた - 流感の症状のわずかな増加、数日の仕事、又は学校休みが合計で相対的に小さな不満。
 病気の子供、又は老人を置いている入り口が棺の中に寝かすことは、起こることが、世間の目に非可視であるけれども、それにもかかわらず凶暴にケムトレイルテストがあり続けることを可能にした場面戦争の後ろで互いに対立した裕福な者と強力なエリートの間の彼らを設定したことであった。
That the threshold putting a sick child or oldster from the sick bed into the coffin was occurring set those among the wealthy and powerful elite at odds with each other, and behind the scenes wars over allowing the chemtrail tests to continue broke out, unseen to the public eye but nonetheless fierce.
ケムトレイル: 2000年8月15日

最近、顕著なYouTube ビデオ上の写真は、軍隊の計画ではなく小さな飛行機が、飛行機雲を広げるために使われることを示して一般大衆に漏らされている。 これは実に裕福なものによって実行されたプロジェクトである。

ゼータによると、このプロジェクトは現在、惑星Xの集合体が一般大衆によって見れないように曇らせるために実施されていることである。

 私達は、「ケムトレイルが元来、どれほどうまく飛行径路の人が、彼らを病気にするであろう様々な微生物と化学薬品に抵抗することができたかをテストする目的を持っていたことに」言及した。
    彼らが、ロスを去っていて、ユタに到着しようとしている彼らを病気にするために、例えば裕福な者の飛び地に移住することを試みた時に、ポイントは、彼らを遅らすことであった。
    移民を中毒にかからせて、殺すために、これらのテストの後ろにより不吉な目的があった。 ホワイトハウスの奥の部屋で時々公然と議論されて、アメリカ軍が計画を発見した時に、彼らは反逆し、未来にケムトレイル活動のどのような部分でも持つことを断った。
   キャンペーンが裕福な者達によって実施されていた所で、時がきた時に、彼らの計画は、アメリカ軍を使うことであり、アメリカ軍の協力がなければ、この計画は成功するはずがない。
    その後、ケムトレイルは、場合によっては惑星Xの眺めを曇らせるために使われて、ケムトレイルが卓越西風によって推進された所で、テストは、流れがどこに行くかを決定するためにされた。 日の出と日没が、惑星Xが見つけられるかもしれない危険な時であるので、これらは主要な曇らせる目標の時間である。
ZetaTalk: Godlike Chat, dec 22, 2007

icon