icon Imploding Buildings


On 2002年11月30日 にゼータは惑星Xの近い近接によって起こされた地球変化がビルの内破を起こすであろうと予測した。

 道路からこれを守るように、電線と配管工事がある所に、都市はそれらの下にいくつかの話を持っている。 私達が説明しているのは車道に埋められたそれらのケーブルとパイプだけではなく、摩天楼の深い地階である。
 地球は、それが北アメリカの東部分全体とヨーロッパの西部分のように伸びているエリアで、土地が順応するのを発見するであろう。
   それには、ビルを崩壊のに、サポート構造を壊すために何が必要か?
    もし、ビルが落ちるならば、この上がる配管工事が、それらがこれを予期するように極少にデザインされた所の下への引きを見つけられるせ建物 。 これは建物の基板を弱めて、それはその時、内破し、落ち始める。
    地震のように、ビルはそれらの隣人に影響し、火事は始まり、広がる。
  いつこれは始まるであろうか?そして、どこで?

    ちょうど、私達が、地震を予告することを許されないように、私達は、都市または概算されている日付をピンポイントで狙うことを許されない。 しかし、私達はこれを言うことができて、脱線が、その地面の動きの種類のもの、サポートの分離を示した時に、伸張地帯に住む誰でも、これが今にも起こることを期待するべきものは、始まった。
    多くの都市は岩の中で定着するけれども、これはまた変わることができて、沈む一面、傾いた他の所、およびこれは上の都市で調整を起こすであろう。
    ★★ 圧縮、又はスリップスライドの都市で、結果は同様であるけれども、地震に伴っている。 これ、地震とともに都市災害は地震の被害と呼ばれる。 そのような問題が地震の付属物の外で起こるまで、正しいように、私達の内破建物予測は呼ばれないであろう。 However, we can say this, that anyone living in stretch zones should expect this to happen at any moment, as the trail derailments have shown that earth movements of this kind, a separating of support, has started. Many cities are rooted in rock, but this also can shift, one side down, the other tilted up, and this alone would cause adjustments in the cities above. In cities in compression zones, or slip-slide, the results are similar, but accompany quakes. This, city disasters along with quakes, is called earthquake damage. Our imploding buildings prediction will not be called as correct until such matters happen outside of quake accompaniment.
ゼータトークZetaTalk: 内破都市Imploding Cities2002年11月30日, written Nov 30, 2002

2009年3月3日に、内破建物の好例はドイツに存在していた。 これは最近のメンテナンスへの賦課金ではなく地震断層ではなかったし、建物もとても古くなかったので、建物自身の崩壊は予期されていたであろう。 地階の最近のクラックに関する言及に注目しなさい。 崩壊して、内破は建物の下でグラウンドによった。 On March 3, 2009 a perfect example of an imploding buildings occurred in Germany. This was not an earthquake fault, not due to recent maintenance, nor was the building so old that collapse of the building itself would have been expected. Note the mention of recent cracks in the basement floor. The implosion was due to the ground under the building giving way.

ドイツビルディング崩壊において行方不明3 Missing in Germany Building Collapse
2009年March. 3
http://www.msnbc.msn.com/id/29491469/
 ケルンの6階建て都市のアーカイブ建物はごろごろ鳴り、それから、瓦礫の山の中に崩壊した。 中の多くの人々は、安全に逃げることができたけれども、当局は、彼らが近くの建物から行方不明の3人の人々を捜していると言った。 午後2時ごろに起こった崩壊はまた西のドイツの都市で2棟の近隣の建物の一部を引き落とした。 「突然、列車が通り過ぎているかのように、ゴロゴロいう音があった」、アルフレッドHoovestaedt証人。 「それから、ノイズはますますより大きくなり、私達は振動を聞いた」。 「そして、数秒に、エリア全体はもやにおいてカバーされていた」。 向こうで2棟の建物を生きているフロリアンHackeは、彼が彼のシーリングにおいて広げられたキーキーいう音とクラックを聞いた後に、彼が彼の家から飛び出して行くと言った。 崩壊に先行した音によって警報を出されて、ケルンアーカイブのスタッフと訪問者は、時間内に出ることができた。 現代のスタイル建物は1971年に開いた。 長期のアーカイブ従業員、エーベルハルトIllnerはドイツの無線局に、彼が昨年地階のクラックに気づいたと言った。 Cologne's six-story city archive building rumbled and then collapsed into a pile of rubble. Many people inside were able to flee to safety, but authorities said they were searching for three people missing from nearby buildings. The collapse, which occurred about 2 pm, also dragged down parts of two neighboring buildings in the western German city. "Suddenly there was a rumbling, as if a train were going past," witness Alfred Hoovestaedt. "Then the noise got louder and louder, and we heard vibration. Then, in seconds, the whole area was covered in a haze." Florian Hacke, who lives two buildings away, said he ran out of his house after he heard a creaking noise and cracks opened up in his ceiling. Alerted by the sounds that preceded the collapse, staff and visitors at the Cologne archive were able to get out in time. The modern-style building opened in 1971. A longtime archive employee, Eberhard Illner, told a German radio station that he had noticed cracks in the basement last year.

icon