icon Israel Aggression


 2007年11月10日に、ゼータは、「イスラエルが、彼らの隣人アラブとより大きな力の均衡についての彼らの計画を達成するのに必死になっていた」と述べた。 ブッシュ政権は、終わろうとしていて、時間切れになろうとしていた。

 彼らが彼らの主要な保護者、アメリカ軍がイラクから出ていき、彼らに不満足な彼らの野心が置きっぱなしと解る時に、イスラエルは必死である。 私達は、「彼らが、イラクへの現在の侵略の間、イラクだけでなくイラン、サウジアラビア、およびシリアも支配することを望んだ」ことに言及した。 これは率直に言って計画であった。 彼らは負けていて、計画が実現できないが、それの放棄をしぶっている者達がいる。 彼らは継続し、イラクを乗っ取り、従って、彼らは考える。 これは妄想的であるけれども、、イランへの侵攻について話し、進めることのために、ブッシュとチェイニーが、正気ではなく、発狂すると考えられるならば、なぜ誰かが、イスラエルがそんなにとても違うことを期待するであろうか? それらは同じ徒党連中の一部である!
ゼータトークGodlikeProduction Chat 2007年11月10

 2008年3月8日までに、ゼータは、「イスラエルが必死であることから半狂乱にすすみ動いたことを示していて、2008年6月21日までに、彼らは、イスラエルと副大統領ディック・チェイニーが、イランとの戦争に参加することをアメリカ軍に強制することができなかった」と断言した。

 イスラエルは、隣国と付近で優勢を維持することについて大あわてである。 彼女は、ブッシュが、イラクを失いとホワイトハウスを勝ち取りそうな民主党を見るので、撤退は確実である。 彼らが予期していたように、イランは獲物にならないであろう。
 イスラエルは、アメリカ経済が駄目になると知っていて、彼らは、いつものように補助金を得ることがありそうにない。 出資がなく、彼らを保護する米軍もない、一面、怒った隣国達。 暴君は、何をすることになっているか?
ゼータトーク GodlikeProduction Chat2008年3月8日
 
 イスラエルは、ブッシュ政権がほんのわずかの短い月を残ることに気がつく。 イスラエルとブッシュ/チェイニーは、イランとの対決の中にアメリカ軍をだますために無数の時を試した。 これらの試みのどれも働かなかった。 さて、彼らはイランとこの失敗の上でイラクで失敗を予期しているので、防御するまた別の境界を持つであろう。
 彼らはオバマ下で未来について確信がない。 従って、彼らは、恐れがあって、イランに「私達がどれほど大きいか」わかるかと怒鳴りつけていている。 イランはこれの少しについても混乱していなく、ひと跨ぎですべてそれを乗り越える。
ゼータトーク: GodlikeProduction Chat, 2008年9月11日

2008年9月11日に、記事は、2008年の5月以来、イスラエルが、イスラエルが米国の直接的な関与なしで、米国に単独でイランを爆撃することを可能にしたいくつかの具体的な要求をしたことを明らかにした。 1つの要求はイラクを横断する空路のためであった。 別のものは追加の掩蔽壕爆弾のためであった。 そして、まだ3番目の要求は燃料補給飛行機のためであった。 3つの要求はみな米国によって拒否された。

イスラエルは米国に、軍のために、イランを攻撃する空路を要求する。
2008年9月11日
http://haaretz.com/hasen/spages/1019989.html
 イスラエルが使う懸念の外の過去の数ヶ月の間イスラエルを与えるために米国が断ったセキュリティ援助パッケージ 含まれるイランの核施設を攻撃するそれ 多くの「バンカーバスター」爆弾、イランへの空中回廊、高度な技術的なシステム、および燃料補給飛行機を使う許可 。  イランへの攻撃は見たところ、イラクの空の間隙を通して通過を必要とするであろう。 アメリカ人はまたこの要求を拒絶した。 燃料を再補給する飛行機。 イランへの空襲は、帰りの途中でジェット戦闘機の燃料補給を必要とするであろう。 米国はより高度な燃料を再補給するタンカーを求めるイスラエルの要求を拒絶した。 イスラエルの要求は7月にワシントンへの防衛大臣エフード・バラクの訪問の間だけでなく、5月のイスラエルへのジョージ・W・ブッシュ大統領の訪問の間に議論された。
年の初めに、イスラエルのリーダーまだそれを、ブッシュが、彼の期間の終わりの前にイランを攻撃すると決めるであろうという妥当な可能性と考えた。

icon