icon Earth Wobble:地球の「ぐらつき」


惑星Xの影響下で地球の「ぐらつき」は2004年に発展した。
ゼータは2004年5月25日に最初にこれの範囲を警告した。
2004年11月27日までに、「ぐらつき」は明らかになった。 地球の磁北極は毎日数字8の形を形成した。

 「ぐらつき」は発展しようとしているか?
 太陽が、一般大衆が予期するであろう位置から外れて昇るか、又は沈むように、地球は、突然傾こうとしているのか?
 
ゼータトーク回転する「ぐらつき」2004年5月25日
「ぐらつき」は発展しようとしているか? 太陽が、一般大衆が予期するであろう位置から外れて昇るか、又は沈むように、地球は、突然傾こうとしているのか?
ゼータトーク暗闇の中への回転2004年11月27日

数字8の形のパターンは2004年12月,Jan 2005, Feb 2005, Mar 2005, Apr 2005, May 2005, and Jun 2005に世界中の人々によって観測された。
パターンが確立されて、時が費やされ、ゼータによって予測されるように、「ぐらつき」が、より強くなったと明らかにされた、データ収集はNov 2007Mar 2008までquiesced静止した。

 それが現在地球にその北極を指摘しているように、惑星Xは適所に回った。 惑星Xと地球の間の相互作用が北極の押しによって動かされるので、「ぐらつき」は当然より厳しくなった。 地球の磁北極が、それが太陽とあばれ者磁石の惑星Xに直面しているように地平線上に来る毎日、地球磁北極を押しのけて、地球は惑星Xから一押しを受け取る。
ZetaTalk: クリスマスの衝撃, written Dec 21, 2007

 発展し続けるより極端な「ぐらつき」はますますGPLなどのメッセージ・ボード上で注目されている。 2008年6月の間に、以下のコメントは例として発表された。

私はアーカンソーのフェアバンクスに住んでいる、以前、まさにアンカレジの南のキーナイ半島に住んでいて、アンカレジの居住者にとり、正しく、真夏の夜の間に、かつて少なくとも非常に深い夕暮れ時があった。
何年もの間そのようにダウンしていない、しかし私が現在は知らない。
 ここで、夏は明確に、いつも、一晩中(5月半ばから8月初めにスターに会わないでください)光があったけれども、高い大気における何かが光線を散乱させていて、私達がより多くの視界外の‘後方散乱’を得ているように、空はより発光するようである。 これは冬に特に目立っている。

 私は今や20年の間、私の家に住んでいる。 そして6年の間、東に直面しているこの特定の部屋。 そして、私が外を見ると左に丁度家がある。
 そして、前年に、正確に同じ時間(試験期間)に、太陽 はいつも私を起こした。 それは私の部屋の中にまっすぐに約2時間の間輝く。 ああ、今や、私の左の上の家が結果として日光を塞いでいるので、私は私の部屋で直射日光を完全に全然得ない。

 私はただここで日没をチェックし、それはここアラバマで真西の完全に45度北にある。 太陽は、私の家(それが決して、そうではなかった)の北の端で広く輝いている。

icon