icon Antartic Ice Fractures:南極の氷崩壊


2004年11月27日に、ゼータは、毎日地球の磁気の北極を押している惑星Xの結果として2004年から始まった地球の「ぐらつき」を説明した。

 11月に始まった極の「ぐらつき」は、黄道の下というよりも黄道の上で磁気的に自身を置くために、惑星Xがする遅い270度の回転への地球の参加の最初の合図である。
    地球が普通その地理的北極のまわりを自転する時に、それは、私達が説明したように、惑星Xの出現する北磁極へのどのような露出でも避けている地球の北磁極によって起こされて、北磁極は半日の間露わにされ、それから日の他の半分の間隠される。
    眺めからの北磁極(1日に倍の極のぐらつき)を押すために、これは最初酔っぱらいのような傾きを結果として生じているけれども、急速に、振り回しに発展する。
   これは、北磁極が地球が自転する時、それが適所に反対方向に向きを変える時に、惑星Xの北磁極から磁性粒子の出現するホースに反応して、地理的磁極の右にあるか、左かのためである、
ゼータトーク 暗闇の中への回転2004年11月27日書かれた

 毎日のぐらつきの数字8の形が星座の位置と日の出と日没の位置の方位の 観察によって 文書化された所に、毎日の極の「ぐらつき」の増大する力の他の指標がある。
 例えば、南極の氷の中の日に二回の割れ目の震え。 ゼータによると、惑星Xが2003年に内側の太陽系の中に到着したことに注意しなさい。そうすれば、これらの毎日二回のの氷の地震は2003年以来ずっと起こっている。

何かが南極大陸で震えている。
2008年6月4日
http://sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2008/604/3
科学者は、西南極氷床(南極大陸のアラスカサイズの刈り幅)を通って1日に2回震えて、大規模で、スローモーションの「氷の震え」に気づいた。 調査ワークは震えの原因をWhillans氷流、100キロメートルの幅の氷河、および厚さ1キロメートルを追跡した(それは氷床の内部から流出する)。 M7の地震が、そんなに長い間--同様のマグニチュードの地震は町全体を破壊し、1999年にトルコで少なくとも15,000人を殺した--気づかれずに済んだことは奇妙であるようであるかもしれないけれども、Whillans氷流に立っている人々は決して震えに気づかない。 「氷地震--また、グリーンランドに存在している--の原因を見つけることは、氷の動きのより良い理解に導き、どのように氷河が気候変動に反応するであろうかのモデルを改善した」と、ロバートBindschadler(最初に、2003年にWhillans氷流の毎日2回の震えを報告した緑地帯のNASAゴダード宇宙飛行センター、メリーランドの氷河学者)は言う。 「これらの発見から来たものは、氷河が、私達が以前に考えたより行動の他のモードを持っているという認識である」とゴラン・エクストレム、コロンビア大学との地震学者は言う。

icon