icon Crane Collapse


2004年11月27日に、ゼータは、毎日地球の北磁極を押している惑星Xの結果として2004年から始まった地球の「ぐらつき」を説明した。

 ★2004年11月に始まった極の「ぐらつき」は、黄道の下というよりも黄道の上で磁気的に自身を置くために、惑星Xがする遅い270度の回転への地球の参加の最初の合図である。 地球が普通その地理的北極のまわりを自転する時に、それは、私達が説明した惑星Xの出現する北極のどのような露出でも避けている地球の北磁極によって起こされて、北磁極はその日の半分の間露出されて、それから日の他の半分の間隠される。
視界外からの北磁極(1日に倍の極ぐらつき)を押すために、これは最初酔っぱらいのような傾きを結果として生じているけれども、急速に、振り回しに発展する。 これは、適所に反対方向に向きを変える時に惑星Xの北磁極からホースのような磁性粒子の出現に反応して、北磁極が地球が自転するにつれ、地理的北極の右か左かによる、日に二回の極の「ぐらつき」だ。
ゼータトーク 暗闇の中への回転2004年11月27日

毎日の「ぐらつき」の数字8の形が星座の位置と日の出と日没の位置の方位の観察 によって文書化された所で、毎日の極の「ぐらつき」の増大する力の他の指標がある。 例えば、クレーンの崩壊だ。

ニューヨーク市のクレーンは通りの中に崩壊し、2人の労働者を殺した。
2008年5月30日
http://news.yahoo.com/s/ap/20080530/ap_on_re_us/crane_collapse
 金曜日にニューヨークの高層ビルにそびえている数百個のクレーンの安全について、恐れを新たにし、2月と1/2ヶ月で都市での二回目の惨事で2人の労働者を殺して、建設用クレーンは雷のようなうなり声によって切断され、アパートに衝突した。 崩壊は強化された検査とより早い事故の後の都市ビルディング部門の大刷新にもかかわらず、起こった(3月に7名死亡)。
約12階の高さで、契約者が32階建ての贅沢マンション複合体を築いていたマンハッタンのアッパーイーストサイドのマンション上に、200フィートのクレーンはばらばらになった。 ターンテーブルは急死した - それをホールドダウンする16本のボルトがあるけれども。 それはボルトの問題であるかもしれない。 ターンテーブルは、クレーンが回転するのを手助けする機器である。
オペレータが、あまりにも速く重すぎる負荷を持ち上げようとするならば、それは、リグを引き寄せるか、それを、危険なほどに揺れさせることができた。 非常に重量物を揺り動かす間の停止は、大きな負荷が突然クレーンの端から落としたのと同じ問題を起こすことができた。
 
ブラック・サンダークレーン会社ー3人の負傷者、2名危篤。
2008年5月31日
http://www.casperstartribune.net/articles/2008/05/31/
世界の、能力を処理することにおいて最も大きなクレーンは、3名負傷--危篤2名を病院に送り、ブラック・サンダークレーン会社は炭鉱で鉄道路線を塞いで、ライトの近くで土曜日に崩壊した。 ワシントンのケネウィクが本拠地のランプソンインターナショナルによって所有されていて、操作された270万ポンドのクレーンは4月にその場所に移動した。 事故は★★午後12:20に起こった。 政府役員が調査を実施する間、鉱山は閉鎖されるであろう。

ゼータによると、それらが、操作の間に横に転覆する心構えをしない時に、クレーンは特に地球での突然の動揺に影響され易い。

 それらの翼、又はフラップを下げて、上方、又は下で傾き、スピードを上げることによって気流によって打たれる時に、飛行する鳥と飛行機は順応することができる。 鳥、又は飛行機が、操作するために大気のスペースを持っていなく、調整が可能な前に、地面にぶつかる場合を除いて、これはうまく働く。
   予期しない流れに遭遇する時に、自身を再配置するために、海の魚、アザラシ、および潜水艦は同様に多くの操作方法を持っている。
  操作する余地がある限り、さかさまに傾くえして、バランスを失うことは致命的でない。 クレーンは異なり、ベースで確保され時、それらは操作性を欠く。
  クレーンはクレーンのバラストの重量による負荷の重量で相殺が可能であるように構造化される 。 q      この操作は、負荷とバラストの両方が、堅固に安全なためにクレーンのセンターに依存することができると前提される。

   多く議論されたように、地球は現在毎日の「ぐらつき」を経験している。 これが空中の飛行機におよぼすことは、より多くの気流を作ることである。 海の釣りにおよぼすことは、より不定な潮を作ることである。 しかし、これがクレーンにすることは、クレーン操作の中心にある、繊細なものが、釣り合わせる相殺である。 空の鳥、又は海の魚と違って、それが、横に転覆し始めたら、クレーンは、自身を再均衡するために移動することができない。
 重力がかかり、側(クレーンが、予期するために準備されない角度)に、クレーンを引く。
クレーンは、負荷とバラストがその問題であることを期待していて、バラストが、負荷を持ち上げることについて十分でないならば、負荷は単に上がらない。 負荷が空中にあったら、クレーンはゆっくり、側にぐるりと振り向くことができるけれども、動きはクレーン操作の必須の力学を変更しない - 負荷の合計重量とバラストが、このベース上のストレスと並ぶ側なしでクレーンベースの上に下に焦点が合う。
Once the load is in the air, the crane can swing round to the side, slowly, but the movement does not change the essential dynamics of crane operations - that the sum weight of the load and ballast are focused down onto the crane base, with no side to side stress on this base.

  綱渡り芸人は、芸人が持つポールを変化することで、歩くエラー、又は突風に順応することができる。 しかし、風が強すぎるか、歩行の失敗が大すぎるならば、バランスは失われる。
    ベースが、負荷とバラストを中心を外れるままにしておいて、突然片側に移動するという点で、地球の「ぐらつき」はクレーンのために突風のようである。
これは、クレーンが、支えるようにデザインされなかった圧力であり、ボルトとケーブルは断線する。
 地球が、文字どおりに、彼らの人生をめちゃくちゃにする近くなる惑星に捕らわれていることに気がつきたくない人々が、この現実に抵抗する時に、私達の分析は嘲笑されるであろう。
   しかし、分析は、他のすべての場合に、操作する余地があることを示すであろう。 風が、高い建物を、揺れさせることができる時に、エレベーターは車の中の振動を可能にする。
 道路上の車とトラックは、彼らが道路でカーブを経験するであろうよりも、そのような「ぐらつき」の間ストレスを持っていない。 橋は、橋が冷気において拡大するか、収縮することを可能にする変曲点を持っている。 クレーンだけが、それらのベースが操作の間に何によっても打たれないことを必要としている。
ゼータトーク :クレーン事故:Crane Accidents2008年6月7日

icon