icon 地面のドンドン音:Earth Hum


1999年2月15日に、ゼータは、圧力下の岩が表している振動を説明した。

 通過がその日の間近づく時に、まだシフトに傾くことに抵抗して、地球は、うなり、うめき始めるであろう。 しかし、実際のシフトまで、緊張は支えられて、地球は苦悶してうなる。
地球の呻きは、物質のポキッという切断、他の層を横切って引いている金切り声をたてる岩層と緊張下の岩層の振動と類似している。
多くの敏感な人々は特に聞こえなくて、身体によってともかく感じられる同様な振動のため、地震に先がけて病気になるのを報告する。
同様な方法で、さらに多くの人は回転停止の週の間に病気であると感じるであろうし、まさに瞬間のストレスによるものではなく、下に横たわるわ岩層の振動によると感じるだろう。
ゼータトーク 地球の呻き1999年2月15日

 2004年5月1日に、ゼータはまた、地球が、自転し続ける間、南磁極の後ろへの引っ張りによって起こされた地球トルクの出現を予測した。 米国の西海岸が、事実上、火の輪の残りが経験していた地震がない状態で、2004年12月26日の大規模な津波がスマトラで起きた後に、このトルクはアイリスチャートなどの地震チャートの中で出現した。

 鞭打ちが進むにつれ、スピードと力について増大するこの流れの全体の効果は、トルクになるであろう。 地球儀の北極を左手で、南極を右手で持って最初に反対方向にねじり、次に逆方向にまわしなさい。 北極は後ろに保たれた南磁極と共に回転方向に行く、トルクは北米大陸プレートを降ろし、カリブ海に強制し、東は南東に動く。
Hold the globe with the left hand on the N Pole, the right hand on the S Pole, and turn in opposite directions first this way, then back. The N Pole going in the direction of rotation with the S Pole held back, the torque forces the N American Plate down and into the Caribbean, East moving in the direction of SE.  強く保たれた北極と共に南半球の大西洋の裂け目の掴みによって引き戻された南極は、ヒマラヤ山脈の下に突入しているインド・オーストラリアプレートと再び南東に向かっている東に対して、同様に隙間に突入しているアフリカを持っている。
The S Pole pulled back by a grab on the Atlantic Rift in the southern hemisphere with the N Pole held rigid has the Indio-Australian Plate plunging under the Himalayas and Africa likewise plunging into the void, again East turning to SE.
ゼータトークトルク効果 :Torque Effect,2004年5月1日
 ジャーをキャップを回すかのように、右に捻って、あなたの手を地球の北極に置きなさい。 あなたの他の手を地球の南極に置き、あなたがジャーを開くように、左に捻って、この場合、地球のプレートはバラバラになる。 あなたはただインド・オーストラリア プレートを破裂させるだけでなく、アジアの太平洋とフィリピンプレートに突っ込み、北米大陸全体に沿ってストレスを救う!
Put your hand on the N. Pole of the globe, twisting to the right as though turning the cap off a jar. Put your other hand on the S. Pole of the globe, twisting to the left as you open the jar, in this case the Earth, her plates coming apart. You not only pop the Indio/Australian plate lose and plunge the Pacific and Philippine plates under Asia, you relieve stress along the entire N. American continent!
ゼータトーク ボキッ、パチパチ、そしてポンとはじける,2005年1月23日

2008年2月23日に地質学者は、彼らがそれを‘ねじられた地殻’のブンブン音に帰した新しい地球のハミングする地球について情報を公開した。

謎のブンブン音は地質学者を惑わしている。
2008年2月23日
http://www.sott.net/articles/show/150040-Mystery-hum-puzzles-geologists
じっと聞きなさい。そうすれば、あなたは地球のブンブン音を聞くであろう - 一つだけでなく、二つも。 この2番目のシグナルのソースはミステリーである。
10年前後、私達がたぶん海底上の深い波のしっかりとした叩きによって起こされた地球の静かな「垂直の」ブンブン音を知っていた。
 現在、ドイツのチームはまた2番目の「水平の」記録を発見し、誰も、何がこの新しいシグナルを起こしているかを知らない。 彼らはすべての4つのステーションで「水平の」シグナルの証拠を発見した。 シグナルは一方向に約1マイクロメートル移動し、又は他の3分かそこら毎に、その水平方向はそれを地球の「垂直の」振動と区別される。
   (地球物理学研究レターズ) 一定の出来事は、この絶え間ない電波--地震、火山、および大きな嵐などの--を増幅するようであるけれども、源はミステリーである。
 オリジナルのブンブン音を勉強したニューヨークのラモント・ドハティー地球観測研究所のSpahrウェブは言う、「私達に何かまったく新しいものがこのブンブンを起こしている」と。
 「私達に何かまったく新しいものが、このブンブン音を起こしている」。
    「その頻度(周波数)は、何かが地殻の表面を‘ ねじっていること’を示唆する」。 「新しいシグナルの頻度(周波数)は、何かがある点で地殻の表面を「ねじっていること」を示唆する」とウィドマーSchnidrigは言う。 リリースされる時に、地殻はその弾力性のため前後に揺れる。

icon