icon Red Sea Stretch:紅海の伸び


ゼータが、2002年4月15日に「それは、ポールシフトの間に起きるガリガリ噛み砕かれ、引き裂かれ大陸における「台本の書かれたドラマ」のステップとして説明され、シフト前の地震 がそれらの線に沿って落ちる」と述べた。
 アフリカのプレートがインド洋の方に傾いてアラビアプレートが時計回りに動いているので、紅海を含む地球のそれらの部分が、伸張地帯と呼ばれる。
   2003年4月 5日に、ゼータは特に支持しているのそれらの基礎が薄いので、滲み始まている伸張地帯での火山に言及した。

また、「伸び」は、より多くの溶岩をにじませている火山を生じ、又はもしし地球の地殻が薄いなら、爆発を生じる。これは、大いに裂けることが予想され、我々がリストした:紅海、アフリカの地溝帯、その他のすべての領域に起こることができる。
ZetaTalk: プレシフトの地震, written Apr 5, 2003

2007年10月1日に、紅海の火山は、警告なしに爆発した。
2007年10月1日


イエメンの沖合いの噴火が報告された
Oct 1, 2007
http://www.breitbart.com/article.php?id=D8S08KB80&show_article=1
火山はイエメン沖の小さい島で噴火した。そして、大気中に数百フィートも溶岩と火山灰を噴出した」と、紅海の島の近くのカナダの海軍船が報告した。イエメンの通信社SABAは噴火を確かめて、島の上の陸軍駐屯軍が撤退していると述べた。大きな貨物船は、近くで通った。
 ケンアラン(海軍スポークスマン)は、ちょうど島の領海の外のNATO艦隊が午後7時の現地時間で破滅的な火山噴火を見た」と報告したと述べた。長さ2マイルの島は、イエメン沖のおよそ 70マイル。それが噴火を見つけられた時、NATO艦隊はスエズ運河の方へ出航していた。イエメンの政府は、NATOに生存者を捜して援助するよう依頼した、そして、秘密の船(HMCSトロント)は島に向かっている。

icon