icon Memphis Bridge;メンフィスの橋の崩壊


2006年8月6日に ゼータは「最終的に、ニューマドリッド活断層に沿っての調整と地震を起こす北米大陸の対角線の引きの間、ミシシッピの西側の土地は降下する」と述べた。
これはMar 3, 2007にも繰り返し警告された。

それは北米プレートを斜めに引き、ニューマドリッド活断層に沿った岩の指を裂く。そして、ミシシッピ川の東側の土地が、東へ、ニューイングランドの方へ、上に動き、ミシシッピ川の西側の土地が、下に、西側へ動く。 これは、ミシシッピ川に沿った橋の多くを引き裂く以上のことをする。それはミシシッピ川の西側の土地を弱体化し、その土地を沈める原因になる。
 ミシシッピ川の東側の土地は岩であり、メンフィスの断崖だ。そこはミシシッピ川に向かってテネシーとアラバマを曲がりくねって通るアパラチア山脈の岩が基盤になっている。しかし、オザーク山地の南の土地は、固い岩でなく、引っ張られると沈み込む。これはすでに起こっている。
ZetaTalk: 水の出る木, written Aug 6, 2006
ニューマドリッドは五大湖の方へ走り上る活断層と関係していて、シカゴは調整されて、破裂し、オハイオは所々で引かれる、そして、我々が説明したように、ミシシッピ川の西側の土地は所々で沈む
ZetaTalk: GPL ライブ, written Mar 3, 2007

On Aug 27, 2007 a piling on the I-40 Mississippi bridge at Memphis sank 3-5 inches, on the west side of the Mississippi, the Arkansas side. 2007年8月27日に、ミシシッピ川(アーカンソー側)の西側、メンフィスの州間道路40号線が通るミシシッピ橋のコンクリの支柱は、3-5インチを降下した。メンフィス(ミネアポリス)

ミシシッピ川にかかる州間道路-40号線の橋の東へ向かうスパンが再開された
2007年8月27日
http://www.cnn.com/2007/US/08/27/river.bridge.closed.ap/index.html?iref=newssearch
小アプローチのスパンの下の埠頭が一晩中数インチを処理したあと、当局は月曜日に9時間テネシーとアーカンソーの間の主なミシシッピ川連絡を閉じました。
 「州間道路40号線のためのアプローチスパンは他の橋脚でまだ支えられたので、ドライバーが気がつかなかったほどの、わずかな落下であった」と、ランディOrt(アーカンソーハイウェーと運輸省のスポークスマン)が言った。
   川の近くで橋脚で見つかった3・1/2インチを処理したあと、エンジニアはちょうどと道路を朝ラッシュアワーの後ろで閉鎖した。問題は、橋の安定性を改善するようにされているさらなる、より長い杭に起因していそでした。作業員が橋の半分の下で働く間、残り半分は毎日35,600台の車両を運んでいた。労働者は、彼らを地震の場合にはより無事にするために、I -40に沿って橋を改良した。ニューマドリッド活断層は、ここの地域を通り抜ける。.
I-40橋シャットダウンI-40 Bridge Shutdown
http://www.wreg.com/global/story.asp?s=6990870
テネシー運輸省は、アーカンソー側のアプローチ橋を3から−5インチ上まで支持ビームに注意した後に、月曜日の朝に橋を閉鎖した。当局は、地震が損害を与えた橋で、地震対策の改造を信じている。
after noticing a support beam on the Arkansas side approach bridge sand 3 to 5 inches.

icon