icon Earth Plate Movement;地球プレートの動き 15sep-07


2006年2月10日にゼータが大陸移動の間、南米プレートが西に動く原理、又は ゼータが説明したような裂けとして描いた。
 南極の先端に固定され、南米のプレートの最上部は西側へ進む。ちょうど南米プレートの西側のナスカのプレート、西へ押される両方により押されるココプレートは、このプロセスの間に西側に押される 。

大きな南米プレートの上の南米を見よ。大西洋が引き離されて、太平洋は圧縮し、南極大陸に錨で固定されて 先端より西側に上部が移動するのが避けられない。
そして、それは全体として、主に動く。そして、それがそうするように、カリブ海と中央アメリカの小さなプレートを押しつぶす、 南米の西方にちょうどあるガラパゴス諸島を保持しているプレートを跳ね上がる。要するに、それは動くことができる。
ZetaTalk: 北米大陸の避け2006年2月10日

2007年8月2日に、記事は、このポイントでその普通の方向と反対の後方に西に動いているココスプレートを報告しているLiveScience に掲載された?
ココスプレートは南米プレートの運動による押された西側であることだ。そして、ナスカとココスプレートを押す! The Cocos plate is being pushed West by the motion of the S American plate, pushing the Nazca and Cocos plates!

驚いて、活断層はそっとすべり戻る In Surprise, Major Earthquake Fault Slips Backward
2007年8月2日 Aug 2, 2007
http://www.livescience.com/environment/070802_fault_backward.html
メキシコの下ですべっている地球の巨大なかなりの量は驚くべきことに、方向を逆にした。そして、地質学者を当惑させた。アカプルコとゲレロの近くのステーションで測っている全地球位置測定システムによって記録されて、沖合地殻構造プレートは1年につき1インチの率でメキシコシティーの方へすべっていた。
 そして、それはメキシコシティーの約175マイルの南西です。地球の地殻のプレートが動くはずの理論によって予測されて、その運動は通常でした。沈み込み帯で、これの様に、海洋プレートは一般的に大陸プレートの下にすべります。突然、2006年の後半に、プレートは他の方法てで動き始めて、その速度を4倍にした」と、科学者が今日発表した。
    これは、そのような後方への戻る出来事がここまで見つけた最も大きなものです。研究(ジャーナルGeophysical Research Lettersの8月1日の問題で詳述される)は、全米科学財団によって一つには資金を供給されて、メキシコの国立Autonomous大学で支えられます。

icon