icon Mississippi Bridges; ミシシッピにかかる橋


; On Feb 10, 2006 そして再び、Aug 16, 2006ゼータは「ミシシッピにかかる橋は、ニューマドリッド活断層の調整のような地球変化の結果として崩壊する」と予測した

これはメキシコが西側の方へ引っ張られる、一方ニューイングランドが東の方に引っ張られ、北米大陸で斜めのストレスを作り、それで、半分のミシシッピ川の東が北東に動く、一方ミシシッピ川の西は南西に進む所で、ニューマドリッドは滑りスライドのストレス下に置かれる。
広がっている水路は、又、まさに「留め」が離れて内陸で起こるので、水路と接しているそれらの陸塊に影響しない。
 人は最近の跳ねと持ち上がりの出現を伴い、しわくちゃにされるブラックヒルズに起こすもので、何を仮定するか?
 これは陸プレートの中心である!水路の裂きは、ミシガンのダルースで終わらず、それはサウスダコタへ地下を通り裂ける!
ZetaTalk: 北米大陸の裂け, written Feb 10, 2006
:(2006年2月10日)
これは北米プレートに何をするか?
 それは北米プレートを斜めに引き、ニューマドリッド断層に沿った岩の指を裂く。そして、ミシシッピ川の東側の土地が、東へ、ニューイングランドの方へ、上に動き、ミシシッピ川の西側の土地が、下に、西側へ動く。
これは、ミシシッピ川に沿った橋の多くを引き裂く以上のことをする。それはミシシッピ川の西側の土地を弱体化し、その土地を沈める原因になる。
ZetaTalk: Water Tree, written Aug 16, 2006
ZetaTalk:水が出る木(2006年8月16日)

2007年8月2日の上でミネアポリスでミシシッピ川を横断している橋が、突然、そして、劇的にミネアポリスの橋がした、たとえそれが舗装のような表面的な修理だけを必要とした2005と2006年に点検で構造欠陥と考えられた。

7 Dead, Dozens Injured In I-35W Bridge Collapse
2007年8月2日
I-35W橋の崩壊で多数の負傷者、7人の死者
http://wcco.com/topstories/local_story_213191448.html
川に位置しているたたきつぶされたコンクリート、壊された車と数千ポンドのひねられた金属もミネアポリスでミシシッピ川にわたっているインターステート 35W橋が崩壊した時、起こった事の物語を語りそうもない。
 そして、車、人々と破片が下の川へ落ちた。「崩壊は事実上たぶん構造的問題で、それがテロではない」と言われた。それが崩れた時、橋は修理作業を経ていた。
   車道の8本の通路のうち、4つは40年を経た橋のデッキ、ジョイント、ガードレールと明りの修理のために閉じられていた。それのどれも、構築物に関連がない。橋は2005と2006年にミネソタ運輸省によって視察された、そして、その少しも構造の問題がなかった。「注意を必要とした若干のものが、あった」と、彼が言いった。

The Zetas gave an explanation published on the GLP message board on Aug 2, 2007, early in the day.

ゼータは、朝早く、2007年8月2日にGLP掲示版の上で発表される説明をしました。
私達は、「ポールシフトに向ってニューマドリードと関連する活断層が調節する時、ミシシッピーにかかる橋が影響を受けるだろう」予測した。

 ミネソタのミシシッピーにかかる橋の崩壊はそのような調節により起きた、橋の反対側の足場は、もう一つの足場に反対の方向に移る、又は多分、橋は離れて引っ張られたのか?
ミシシッピー川はミネソタで生まれ、一連の自然の滝を超えてミネソタの高地の源流から流れ出る。 これは岩石層の調節が関連することの手がかりである。 ミネソタの高地は、このポイントに沿う東に横たわる低い土地とともにミネアポリスのポイントに来る。

この土地が過去に伸びなかったら、何が東に土地の低下を引き起こしたか?
  私達は「セントローレンス水路の裂けが、サウスダコタのわくちゃなブラックヒルズで終わる」と述べた。
水路の入り口のモントリオールからサウスダコタのRapid 市にラインを走り、ラインはミネアポリスを通って動く。
 何故、セントローレンス水路が分かれない時に、調節はこの伸張の地帯の真中でなされるのか? 私達が「北米大陸の揺るぎない斜めの引きと調節がなされる時、どのようにこれがパチンと弾けるかを」記述した時、説明したようにいっぺんにこのプロセスは、滑らかに起こると言っていなかった。

裂け目ラインに沿う弱い所は、ドミノで他のポイントに圧力を置くそのような調節は一つずつ道を与える。
  このポイントで、ミシシッピーにかかる橋のより大きくて、複数の車線を持つI35W橋は、多くの斜線を支えた州間道路であり、強いサポートを備えていたので、川の両サイドの足場に対して位置を変えてより少なく適応した。
小さな橋は、どちらかの端の均等でない負荷に抗するために作られるているため、もっと弾力性がある、計画により弾力性を持たされている。
 ミシシッピーに沿って、そしてニューマドリードと海路の新しい裂け目によって影響される都市に、より多くのそのような災害があるか? これはちょうどスタートだ、ペースがあがる時、地球温暖化以外の何かが、原因であるという質問がもう出てこない。
ZetaTalk posted on ミネアポリスの橋の崩壊 2007年8月2日

ゼータは、「ミネアポリスのミシシッピ川の土地の東が東に引かれている」と述べた 、その翌日、2007年8月3日に、陸軍エンジニアによって確かめられる事実。

橋崩壊の調査は不可解な落下に関心をよせた
2007年8月3日
http://www.cnn.com/2007/US/08/03/bridge.structure/
水曜日の大きい橋崩壊を引き起こしたものを把握することを試みている調査官は、スパンの南端に焦点をあわせている。
NTSBは、「他のセクションは適切に倒れたが、落ちたと同時に橋の1部が★15m移った」と言う。調査官の注意をひいたものは、橋の南部分の道が既に検査してしまったビデオにある -- 橋の北端の近くに保安用カメラによって記録される -- そしてセクションが崩壊の後で部分が安定した道路。 ★東におよそ15m移動した、そして私達が橋の残りで見たものと私達がそれを比較する時 -- 橋の残りは適所に倒れるようである。

icon