icon海の再生:Ocean Rebound


On 1995年7月15日に、火山からの空気のすべてのCO2からのリバウンドに関して、ゼータはポールシフトの後、海が色の青々とした、淡い緑になる」と述べた。
 彼らは、同様に1995年7月15日に、伝説によると、「惑星Xの尾部が川と池を血のように赤くするのに十分ひどい酸化鉄の赤いチリを降らす」と予測した。

海での生命が、滅びない。水は、緑の色合いを持つ。ほとんど知られなくて、大衆の少しが知っていて、ほとんどの科学者の間で良く知られていることは、「海が大気の酸素の最大手の生産者のうちの1つである」ということだ。
 大変動の後、空気の酸素は、海から作り直される。海は、多く、良い原因で緑がかったように見える。すべての火事は、二酸化炭素の相当な量を空気中に入れる、植物の成長が作るもの。ほとんど植物は土地の上にあって、海の海藻は、これを吸収して、利用する。海は青々とする。
ZetaTalk: 海の生命1995年7月15日以前に書かれた
ガスとチリは、地球の方へカールして、純粋な赤い鉄の粉末として最初に目立つ。そして、水の色を苦い血のような赤に変える。このチリは、得られる酸素で燃えなくて、多くの小さな空飛ぶ星の破片として終わりませんか?すでに酸素を与えらているこのチリは、燃えない。
ZetaTalk: 惑星Xの尾,1995年7月15日以前に書かれた

2006年8月10日On Aug 10, 2006 the グリーンGeekウェブサイトは、2006年8月10日に、実験の結果を報告した。そして、鉄を加えた海の表面への種まきは、表面を緑にするだけでない植物プランクトンを繁茂させた。
 そして、それが空中のCO2を消費した!それはまさにCO2ではなかった、それはこれが起こるのを許した鉄の追加でした。ゼータが予測したように、尾部(過度のCO2と結合された)からの酸化鉄は、本当に海を青々としたように見えた!

気候変動を促進するために海に種をまくことSeeding the Ocean to Promote Climate Change
2006年8月10日
http://www.greengeek.ca/2006/08/10/seeding-the-ocean-to-promote-climate-change/
2週間以内のおよそ2,500トンの大気の二酸化炭素低下で、太平洋の地域に鉄の粉末の種をまいた1990年代初期の実験は、地元の植物プランクトンの数の著しい20倍の増加を見ました。  カリフォルニアに拠点を置くPlanktos社は、このプロセスが我々の過剰な二酸化炭素に大きく減少させるために、大規模に繰り返されることができると考えています、1980年以来の植物プランクトンの世界的なレベルは25%下がった。 これは植物プランクトン(小さい浮いている表面の藻類)が地球の光合成の★50パーセントを実行するから重要です。これの結果は、50パーセントの我々の酸素の生産で、我々の二酸化炭素の半分を取り出しました。
 1980レベルで、これは毎年50ギガトンの二酸化炭素の代謝を意味しました。1980年以降、植物プランクトンの損失は、ほぼ3ギガトンの二酸化炭素代謝の縮小に終わりました。
;毎年ほぼすべての産業で自動車の作る二酸化炭素の半分と等しい。
 世界の海洋水の80パーセントは、植物プランクトンを含み、20パーセントが高栄養/低葉緑素(HNLC)であるために、それが、実質的に植物プランクトンを欠いている。これらの地域が植物によって必要な大部分の栄養分が豊富であるが、彼らは1つの重要な成分を逃しています:★鉄。成長のために必要な他の栄養分(リン、窒素、シリコン)がすでに存在するので、鉄の追加は非常に急速な藻類開花を引き起こします。
訳 22june-07 

icon