icon Bee Colony Collapse:蜜蜂コロニー消失


On Feb 17, 2007 the Zetas were asked about Bee Colony Collapse, spreading across the US and appearing in other countries. Zetasは蜜蜂コロニー消失について尋ねられました。そして、米国中に広がって、他の国にも現れた

謎の殺人者がミツバチを黙らせている
Feb 5, 2007
http://www.philly.com/mld/inquirer/16623837.htm?template=contentModules/printstory.jsp
大規模に蜜蜂がいなくなったのには、何が起きているのか?穀物不作も進んでいる限り、蜜蜂は野原を授粉しないという推測にも言及していた。

[そして、もう一つから]謎の殺し屋が蜜蜂を沈黙させている[2月5日] 大規模なミツバチ失踪に関して何がおきているのか?

報告では、蜜蜂が実際に大挙して姿を消したとはっきりと指摘していた。彼らは、畑に授粉するミツバチいなくなり、それが収穫不作がまた起こるとの推測であることに言及した。

[そして、もう一つから]謎の殺し屋が蜜蜂を沈黙させている[2月5日] http://www.philly.com/ 何かが国の蜜蜂を殺している。トウモロコシや小麦のような2、3の穀物は風によって授粉される間、ほとんどは蜂を必要とする。これらの昆虫なしでは、穀物の収穫高は劇的に減少する。農学者はアメリカ人の食物の3口に1つは蜂の恩になっていると見積もる。死んだ昆虫や死にかけの昆虫が集められ、解剖され、テストされて、いくつかの可能性が出てきている。

ごく最近のダニの問題−varroa mite(バロアダニ)−が蜂の免疫系を危険にさらしている。それで、ウイルスが新犯人かもしれない。あるいは、それは新しい菌類病原体かもしれない。蜜蜂は自然に暮らしていない。昨年の秋、労働者は管理している蜜蜂の巣を、大型トレーラー1台におよそ450の巣を乗せて、五大湖やダコタのような寒い地域からカリフォルニアに輸送した。

 現在、蜜蜂の巣はテキサス、フロリダ、メリーランド、ペンシルバニアから来ている。全部で、国内で管理されている蜜蜂の巣のおよそ半分が、大規模な授粉のために必要とされる。」

Zetasは、人がフィールド(1つのハチの巣によるもう一つへの感染の広がりを促す実行)に授粉するために植民地をまわりに動かすことが抑圧された免疫系と事実であると述べました。 The Zetas stated that it was depressed immune systems, and the fact that man moves colonies around to pollinate fields, a practice that encourages the spread of infection from one hive to another. Zetasは、「1つのハチの巣からもう一つの巣箱への感染の広がりを促す仕事の習慣、人が畑に授粉するために植物のまわりに動かす事実とある低下させられた免疫系にある」と述べました。

 私達は、ZetaTalkの始まりで、通過の時が近づくと人間と同様に野生生物でも 「病気が増える」と述べた。
これは確かに起こった。地球のコアからの放射物のために免疫系が弱められている。コアは巨大な磁石の惑星Xが近づいたことに反応して渦巻くからだ。
 あるいは、不順な気象のために、日和見細菌が、これらの細菌に対する抵抗を築けなかった新しい領域に移動するからだ。あるいは、地球の変化に対するストレスは、大きな負担をかけるので、憂鬱、元気なしになるからだ。
 昆虫を含む野生生物にとって、心配は要因でない。彼らは毎晩ニュースや株式市場の動向を見ない。最近、私達は、2007年の始まりに報告された、人間によって経験された吐き気とめまいの続出は、地球の磁場が不規則になるので磁気変動の影響に因るのと同じように、ますます地球上に漂ってきている惑星Xの尾にあるガスの影響に因ると説明した。
 蜜蜂では、いくつかの要因が蜜蜂の繁栄能力に影響を及ぼしている。蜜蜂の免疫系は、★ダニによって危うくされた。ダニは、受粉のために蜜蜂の巣を、国を横断して運び回るという慣行によって、蜜蜂の巣の間を通過させられる。
 これはダニを拡散させ、いくつかの微生物も拡散している。蜜蜂の個体数を増やすのをしくじるのは、★完全に人為的問題だ。答えは、★健康な蜜蜂の巣を隔離することだ。それは多分、これらの授粉者に依存している作物に影響を及ぼすには遅すぎてなされるだろう。人は、農薬に置き換えることのできる自然の授粉者蜜蜂をほぼ全滅させた。
 したがって、短期間において、穀物不足があるだろう。私達がずっと以前に予測した[もうひとつ]のことだ。
ZetaTalk: GodlikeProductionLive, written Feb 17, 2007

2007年6月10日までには、調査では彼らの結果を報告していました。下げられた免疫系(ミツバチのコロニーで繁殖に病原体を許す)。

突然、ミツバチは単にいなくなっています
June 10 2007
http://www.latimes.com/news/science/la-sci-bees10jun10,0,1027860.story?page=3
ペンシルバニアとW.イアンリプキン博士(コロンビア大学のウイルス学者)の昆虫学者ダイアナコックス-フォスターを含む数人の研究者は、挽き砕かれたミツバチを厳密に調べた。そして、「★ウイルスとバクテリアを探しだした。感染症の激増を許して、病原体のかなりの数は、ミツバチの免疫系が抑えられたことを示唆した」と、彼女が言いました。病原体が含まれるという考えは、 VanEngelsdorpとUSDA昆虫学者ジェフリーS. Pettisによって行われる最近の実験で支えられる。障害の変わった特徴のうちの1つは、捨てられた蜂の巣(例えばハチの巣カブトムシとハチミツガ)の略奪者が、数週間、または、より長く感染したハチの巣の冒険に拒絶するということです。

 この考えをテストするために、VanEngelsdorpとPettisは、オーストラリアから新しい、健康なミツバチと200の蜂の巣ボックスを組み立てて、Hackenbergの世話において、彼らを置きました。ハチの巣のうちの50は、潜在的病原体を殺すために照射を受けました。
 50は濃縮酢酸で燻蒸されました。そして、ハチの巣クレンザーが、カナダで一般に使われました。50は崩壊の前にHackenbergの植民地からとられた蜂蜜フレームで満たされました、そして、最後の50はその冬捨てられたハチの巣でした。
 VanEngelsdorpが5月の初めに植民地を訪問した時、自然のままのハチの巣のミツバチは、明らかにもがいていました。そして、およそ4分の1フレームだけを満たしました。再利用されたハチの巣に住んでいるミツバチは、生きていたが、育っていませんでした。酢酸で燻蒸されたハチの巣は、より良かった。
 彼がポンと鳴ったとき、照射を受けたハチの巣を開いてください、ミツバチは至る所で這っていました。これは、生物学的何かがあることを意味します。それが病原体、又は寄生虫であるならば、ミツバチは十分にそれに対処する能力がないと、アーバナ-シャンペーンのイリノイ大学の昆虫学者メイR・ベーレンバウムが言った。ミツバチゲノムは、毒の毒性を除いて、感染症を退けるために、他の昆虫がそうする半分多くの遺伝子だけを持っている。.

icon