icon Magnetic Whammyy:不運をもたらす磁気


1995年7月15日に、ZetaTalkは惑星Xに起因する巨大な磁気の引きに言及した。そして、遠くからさえ地球で磁気拡散を引き起こした。2003年に、電圧低下と波は地球を過ぎて、そして、2005年4月7日2006年3月8日に漂っている惑星Xの満たされた尾部のための経験だった。そして、2006年7月1日と同じくらい最近、彼らは「この尾の効果がまもなく戻る」と警告しました。

数千年の間、安定であった、地球の磁気は現在妨げられている。磁気拡散は、人類にすでに「方向の決め」を他の手段へ移らせている。
ZetaTalk: 磁気フィールド1995年7月15日
 
2003年夏の間に、惑星Xの尾部は地球の方の噴霧だった。そして、惑星Xの北極から磁化された鉄鉱石の粉末をそのままホースのようにかけられた。惑星Xの尾部は、地球の方へもう一度曲がっている。
ZetaTalk: 尾の戻り, 2005年4月7日
 
それが太陽に到着した時、それがブレーキをかけた2003年夏に、尾は2003年8月〜9月に多くの国で電気配線網を妨げ、太陽を過ぎた所の風にためらうような惑星Xを過ぎて必然的にに漂った。
 そして、電圧サージと電圧低下を引き起こした。そして、ネットワークを破壊した。尾は電荷されている、そして、これはそれがしがみつく、惑星Xに続く理由で、それは巨大な惑星の磁石だ。
 尾は惑星Xの北極から吹く。そして、それは惑星の磁場である磁気粒子の流れの外向きのの港だ。

地球上のここでは、これは人類がより多くの尾の効果をまもなく持つことを意味しますか?
 地球はこれを逃れることができない、そして、民間伝承はこの事を述べる、ちょうどこれらの攻撃のタイミングについて、我々は言わない。
ZetaTalk: 尾の漂い, 2006年3月8日
我々は、地球の磁場が、劇的にとても将来より不規則になりそうであると言っていますか?疑うまでもなく、これは来るサインであるが、地球温暖化の弁解によってカバーされないもう一つのものだ。
ZetaTalk: 磁気Clash(にMagnetic Clash,2006年7月1日 on the live GPLのラジオ番組

2006 年7月に、2台の船(フロリダともう一つの近いアラスカの近くの1つ)はとてもひどく、一つは傾きそして、もう一つは海中に乗客を放り投げこむほど傾いた。高い波または天気は、要因ではなかった。船は磁気ジャイロスコープに基づいて船の傾きを決定する。そして、それは磁気のパルスで影響を受けた。

時のサイン
http://www.abcnews.go.com/GMA/story?id=2210556&gma=true [Jul 19] フロリダのCanaveral港からニューヨークへ出発した後に、操縦問題が船を30度傾けさせた後に、船の乗客は海に投げこまれた。


[そして別の情報源より]
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-2283612,00.html 7月25日  米国沿岸警備隊と空軍はアリューシャン列島の230マイル南で浸水し始め、船はほとんどその片側に傾いた後に、昨晩22人のクルーを、約5000台の車を運んでいる貨物船から救う試みた。 注:新しいZetaTalk:GLPー船の傾きー7月29日]

As the ゼータの説明.

すべてが、それは操縦問題であるように見えるけれども、何が、自動装置が働かなかったか?
この機器は多く、数十年使用されて、もちろん、磁気を利用する安定ジャイロスコープを使う。
 従って、これは、磁気の異常、ジャイロスコープが機能しなくなった★急増した磁気のタイプのものである。船は調整した。 船は、それが本物として感じたものに順応することを試みていた。
 これは、レベルと安定を維持するしようとしたしっかりとした船の内部のジャイロスコープと関係がある何かと船長の操舵輪と関係しない。

この機器は船も引っくり返したか?
 それは、傾きを巻き込んだ。
 もしあなたは90度回転を望んで、この機器、自動装置に話しかけ、あなたが回転をしようとしているならば。
 さて、直ちに船が海に向きを変えない、これはわずかに抵抗し、90度が影響されるまで、左右に揺れる。あなたは、どれほど強くあなたが回転したいかそれに告げる。

 あなたが、そこに500フィート内にある必要があるか、又はそのポジションにある必要がある前に、あなたは2マイルを進む時間があるか?
 そのような何か。
 それは回転がどれほど鋭いか、又はどれほどゆるやかを示すけれども、それが鋭さの限界を持っている。
 しかし、このメカニズムが回転がどれくらい速ければならないか示すので、それがキャプテンが入力するパラメータを考慮に入れる自動機器でコントロールされる、この器材がそれが水平かどうかについて、それを示すジャイロスコープの指示に基づき極端になることが可能だ。
 そして、これらの船が建造されて、この機器がテストされた時に、それは正しくなく、単に適所になかったファクターがあった。 私達は★磁気の急増にあっている。これは、いくつかの電磁気の急増と焦げを起こす何かである。
 私達は、2003年の8月、9月の間にこれに遭遇したか、又はそう、そこで世界中にたくさんの停電があった。
 8月14日、ユカタン半島、シドニーオーストラリア、多くのエリア、ニューヨーク市は、突然の停電し、ラインにおいてそれらが急増を感知したので、これは、停止させられた機器と関連した。
 機器は、自動的に自身を保護するので、あなたが、機器を損う非常に多くの電気の流れを持つわけではない、それから、後に、物は、リセットされて、再スタートされる必要がある。
 従って、私達は、これが回復している期間にある。
 私達は、GLP掲示板において、最近、尾部が地球に浮動し始めたので、より多くの★電磁干渉があるのに言及した。尾部は、かろうじて再び、★★地球に浮動し始めた。
 ただ、それが、そして地球の方向に向けている★かなり強い吹きつけを得るまで待ちなさい、次にあなたはイスタブリッシュメントが、★説明する用意ができていない機器の故障を本当に見る。これは絶対に間違いなく、地球温暖化ではない。
ZetaTalk: GPL

icon