icon Red Rain Microbes;赤い雨 微生物11sep-07


2006年1月6日に、ゼータは「流星が崩壊したあと、インドに降りかかった赤い雨の細胞のような構造が生命の前駆である」と述べた - 細胞の中でハウスキーピングを準備しているDNAの前の細胞。

DNAは、自身を複製し、生物学の機能の命令を前に運ぶ(繰り越す)生命の能力をサポートする。遅く、人類が、彼自身の最初を試験して以来、DNAの前に細胞が来たか、又DNAの前に細胞が適所にあるかを、彼らは、決定できない。
 仮定は、DNAが最初に来た、最初、ある種類の原始のスープにおいて形成にリンクし、そして後で、保護するものとして発展した細胞が発展する。現在、彼らは同様に知っている。
 人の科学者が知っているように、細胞体はDNAなしで消散しない。
それは食べて、続く。それは、与えられた成長で自身を見つける限りはスープは、補助なしでこれをする。
 細胞の死は、それが攻撃されて、攻撃にさらされる時にだけ起こる、それでそれが組み立てて、形式を保有することを可能にした分子の機能が混乱する。
 地球に落とされた証拠(隕石)は、小惑星帯の以前の生物をサポートした惑星から、これらの細胞の分子の構成を保護した小惑星帯の大きな塊に入れられた。
 従って、それらは、死ぬ理由を全然持っていなかった。しかし、形がはっきりと現れるので、これはDNA挿入前の、次の段階、生命の段階であった。DNAは自然に巣、シェルターを必要とする原始の水たまりで形成される。
ZetaTalk: 宇宙のごみ、生きているのか?, written Jan 6, 2006

On Jan 5, 2006 news reports were skeptical that this was life in any form, despite the similarity to cellular structure on Earth.. 2006年1月5日の新しいレポートは、地球の細胞構築物への類似性にもかかわらず、これは形成での生命に懐疑的だった、

時のサインー#1529 懐疑論者は、起こり得る異物の細菌の主張を歓迎する
[1月5日]2006
http://www.world-science.net/exclusives/060104_specksfrm.htm
科学のジャーナルに出現する記事は、「★四年前に意外な赤い雨は地球の上に宇宙から微生物を落としたかもしれない」と主張する。
 粒子は最低50000kg(55トン)は降下した。通りの人々は、それらの布切れが赤い雨滴によりシミがついているのを発見した。ある場所では、粒子がそんなひどく落ちたので、雨水はほとんど血の色をしていた。
 粒子が単細胞の有機体のように見え、そして幅1ミリの約4千から1万の1までで、典型的なバクテリアよりいくらか大きい。 粒子は核、コアを欠くようで、動物と植物細胞がもつDNA-包含コンパートメントとである」と研究者が書いた。
化学のテストは、それらがDNAを欠き、細胞が含んでいるほとんどの遺伝子輸送分子も欠くことを示した。
外の外皮は内側のカプセルを含むように見える。

それはいくつかの場所で細胞の中の空の領域を成形する外の壁から取り外されるようである。
さらにそこに細胞の外の側のかすかに可視の粘液層の存在のように見える。赤い粒子の主要な構成要素は、炭素と酸素である。  炭素は地球の生命の鍵となる構成物である。シリコンは粒子の少ない構成要素の間で最も突出している;他の要素は鉄、ナトリウム、アルミニウム、および塩素が見つけられた。
 赤い雨現象は、最初2001年7月25日に起こった流れ星の空中爆発事件後に、ケララKeralaにおいて始まった。生きているか、又は死んでいるか、もし記事が正しいならば、粒子はいくらかの耐久力を持っている。
室温のオリジナルな雨水の貯水タンク後でさえ、約4年間どのような防腐剤なしで腐敗なし、又は色づきなしの粒子が見つけられた。'

2006年3月31日に、ニューサイエンティストは、科学者が「DNAなしで、これが細胞生命であると結論した」と報じました。そして、2006年3月8日に、細胞が地球外の起源に見える英国の科学者からの確証。

赤い雨のパズルは、まだ未定です
2006年3月31日に
http://www.newscientist.com/channel/life/mg19025453.100-red-rain-puzzle-is-still-up-in-the-air.html
2001年に南インドに落ちた雨の赤いがエイリアンの微生物であることはますますありそうもなく見えている、しかし、彼らのアイデンティティはミステリーのままです。
 赤い雨が2001年に南インドに落ちた時、雨の粒子がエイリアンの微生物でありえることがセンセーショナルに示唆されました。現在、英国の2つの研究室の何週間にも及ぶ分析の後、微生物学者は彼らを特定するのにまだ苦労している。それはX-Filesのエピソードのように聞こえる、しかし、地球への降下の説明はよりありそうな結果に見える。
 天文学者チャンドラ・ウィクラマシンジは、カーディフ大学で微生物学者と細胞を調査している。「日が過ぎて、私はこれらが非常に変わった生物学的細胞であることをますます確信している」と、彼が言った。
 赤い雨は、2001年に2ヵ月の間に散発的にケララに落ちた。ゴドフリールイス(ケララのKottayamの聖者ガンジー大学の物理学者)は、赤い粒子を調べて、DNAを見つけることができなくて、彼らが彗星の地球に落ちたエイリアンの微生物であるかもしれないと提案した。
もう一つの惑星から赤い雨?
2006年3月08日March 08, 2006
http://in.rediff.com/news/2006/mar/08gspec.htm
 2001年7月25日に、血のように赤い雨は、ケララに落ちた。変わった現象は2ヵ月の間続いた。そして、深紅色で降った。そして、服をピンクにした。そして、木の葉を赤くした。一部で、雨は真っで降った。科学者はショックを受けた、そして、政府は調査を命じた。
 科学者は、風がアラビアからちりを掃いて、ケララの上にそれを落したので、雨が赤かったと結論しました。ゴドフリールイス博士以外は、Pure学校のPhysicsと Kottayam(ケララ)の聖者ガンジー大学のApplied PhysicsのReaderは、確信しなかった。彼は、一生懸命に雨サンプルを集めて、何ヵ月にも及ぶ念入りな研究の後、ケ筒論した :『ケララの赤い雨を引き起こした赤い粒子は、地球外の起源です。』、主な同僚 ― 他の科学者と物理学者 ― は、結論に眉をひそめた。しかし、ルイス博士は、彼の理論に固執した。
 彼の科学的な結論は、今は国際的な支持を受けた。英国のシェフィールド大学のマイクロ生物学学部のミルトンウェーンライト博士は、ケララを襲う赤い雨試料の粒子のいくつかを調べていた。そして、彼は雨がエイリアンの生物形態に属していることができたというルイス博士の理論を支持した。

これらは、調査結果です:
 
*赤い粒子の起源が、彗星の断片からあると仮定されるならば、現象は簡単に説明されることができます。そして、それはケララより上の大気の崩壊を経た。
 
*考え(大気現象空中破裂からソニックブームのような)のこのラインを促す更なる相関している証拠があります。そして、それは最初の赤い雨のケースに先行しました。このように論理的可能性を作って、問題の彗星の体がこれらの赤い粒子の膨大な量を含まなければならないことになる。そして、それは50,000kg以上の推定された量に達する。
 
*この発見を最も重要にすることは、粒子の生物学的細胞のような性質です。光学顕微鏡の下で、彼らは生物学的細胞のように見える。更なる電子伝達Microscopyは、明白な細胞構造を示す。それらの有機性格は、カーボンと酸素の大きな存在によって示されます。しかし、これらの生物学的徴候にもかかわらず、細胞はDNAの存在を示さない。遺伝子の分子DNAは地球で見つかるすべての生きている有機体で存在するので、DNAの欠如はこれらの細胞の生物学的性質とと正反対だ。
 
*交互の生体分子の可能性が、このように、地球外であるように、起源が疑われるこれらのセルにあります。このように、細胞は宇宙から生命の交互の形を意味するかもしれません。これらがそのような生物学的細胞であるならば、彗星の体の内側の膨大な量のそれらの生産は彗星のパンスペルミア説の理論によって説明されることができる。ー (訳者注:)パンスペルミア説、胚種広布説◆宇宙からの微生物などが物体にくっついて地球にやってきて生命の根源となったという理論。

icon