iconSun Scald:日焼け-14sep-07


2005年12月11日に、ゼータは2003年に到着した惑星Xの尾部を通して光を費やすこと(disbursing)のため、2003年以来、日焼けと早い収穫と白い太陽を引き起こしている太陽からの白色光を散らす日焼けを確かめた。

惑星Xがオリオン座の方向から内太陽系に轟音を立てて入ってきた時、極端に輝く太陽が2003年に気づかれた、太陽に近づき、斥力が働き始めると、金切り声をあげて停止した。
 惑星Xの尾は、斥力に影響されず、その動きを維持して太陽を通り過ぎて漂い、地球に赤いチリと奇妙な大気の変化をもたらした。
 地球は、2003年の夏には、このドラマから太陽の反対側に位置していたけれども、この漂う尾の通り道にあった。
惑星Xはその尾を北極から遠ざかるように管に通し、これは太陽の南極近くに貼付けられたので、そのとき尾は太陽に向けられた。しかし、 2003年の冬までに地球は軌道を回って惑星Xの側にやって来たので、当座は尾から離れていた。
 2003年の夏に、人々はいっそうたやすく日焼けすることに気づいた。戸外で働くことに長年慣れている建設労働者は、日焼けがこれまでと違う傾向であるのに気づいた。
 穀物もまた多くの場所でその年には2週間早く熟した。そして、太陽の激しい明るさが共通の話題になった。
2004年には、このようなことはなくなったようであった。しかし、今、これらと同じ徴候とコメントがまい戻った。

 太陽による日焼けと太陽の強烈な明るさは何によるのか?この強い明るさは熱を増やすことはなく、太陽活動や太陽黒点と関連させることができない。
 霧のかかった土手の明かりは均一に照らすように見える。その理由は、光が散乱して観察者に跳ね返っているからだ。

より多くの明かり、あるいは単に散らばった明りがあるか?
 太陽がもはや黄色でないとすれば、それは★全ての光線が散乱し、黄色の定常状態が妨げられるからだ。
以前は、太陽が視野にあり、太陽光線が全部目に入っても、苦もなく、黄色あるいはオレンジ色の日没の太陽を見ることができた。

 強さが増加したという認識は、光のスペクトルが混じったことによる。目が最も適応できるスペクトルは、もはや存在しない。
それが今では、太陽光線が散乱し、真昼と同じ混じった光を目に送ってきているので、黄色の太陽ではなくなり、太陽を目で見るのに影響し、それで明るさが増したように知覚される。
 日焼けをおこす日光でも同様だ。日焼けをおこす光線は、通常、日暮れ時などの正午以外の時間には観察者の方へ曲げられない。しかし、今は散乱して人の皮膚に到達する。日が昇っている間は、もはや日焼けを防げない。尾が地球の方へ曲がり続けるので、これはさらに悪化するだけだ。
ZetaTalk: 日焼け, written Dec 11, 2005

何も2006年までマスコミ(無視される主題)で見かけませんでした。そのとき、公式の認めがついに起こった。日光が1960〜1990年に6%暗くなった所で、この傾向は今は戻った。空気の汚染物質の縮小が暗くなる役割を果たしたことを意味することを除いて、反転の説明は、なされなかった。

より明るい太陽は、気候変動の恐れを増す
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2087-2104022,00.html
March 26, 2006
地球にふりそそぐ日光の量は増加している。そして、気候変動のペースを速めると、科学者が発見した。
研究者は、来週、ウィーンで彼らの調査結果をヨーロッパ物理連盟会議に提出する。
 彼らは、30年の傾向を覆す。1960〜1990年の日光レベルの計測は地球に着いている日光の量の減少を示した。そして、現象が全世界に暗くなることとして知られていた。
 主に工業化された西国から、これはちり、スモッグと他の汚染物質に起因していたと考えられた。汚染物質(エアゾールとして知られている)は太陽輻射を吸収して、散らすことによって日光レベルを減らした、そして、雲の形成を促進して、それは宇宙への放射を反映した。
 日光レベルは、1960〜1980年に10年、2%減少していたが、 全体の低下は約6%の、それらは現在、再び上がっている。
おそらく、これは我々のスイスの氷河が溶けている理由だ。
チューリッヒのスイス連邦工科大学のアツム大村は、世界中で400のサイトからの計測を照合して、彼らのうちの300ヶ所で日光の増加を発見した。そして、主にユーラシアと極圏地方に据え付けられました。主に速い発展途上国、例えば中国とインドで、いくつかは1990年以降日光の低下を示した。

icon