icon Monstrous Waves;巨大な波-14sep-07


On Jun 15, 1997 the Zetas predicted monstrous ocean waves, swamping ships.

地球のコアでの増えている活動は、やがて、それ自身を説明することが難しくなることで、明らかになるであろう。
 「不規則な天気、世界的な温暖化、大気の加熱の結果は、高層大気で渦を巻かせる」と、言い逃れをするであろう。
 大洋を行く船を水浸しにする暴力的な波の動き、水面下のプレート動きによって起こされた空気を「パン」と打つ★唸り(ドシーン音)が、地震活動のせいにされる。
 増加している地震の発生率は、周期的サイクルとして説明されるであろう、周期的なサイクル理論を支持する古代の伝説で、あるいは、改竄された報告メカニズム、地震が過去に記録されなかったことを意味している。
 ガスが動くプレートの下で、罠で捕まえられた大穴から解放される時、★メタンガスの炎によって、起こされた光の劇的な★フラッシュは、稲光として釈明されるであろう。
 増えている磁力的な拡散は、いずれも普通の人には測定可能ではないので、太陽黒点の活動に責任を負わせるであろう、それで筋書きの仮説は、しばしば、挑戦されないであろう。
ZetaTalk: 明らかな手がかり:Manifest Clues, written Jun 15, 1997

時のサインー#1577  2000年の後、そのような物語は、ますますニュースになった、しかし、2006年3月31日までには、「すべての記録を破っているサイズの波が記録された」と報告されました。これらの波は異常な波、まれな単一な波と考えられなかった、12時間の間にわたって続き、それで、むしろ波の活動だった。これの後に、地球(オーストラリア)の向こう側から、2006年9月22日についてのレポートが続いた。

船の計測機は大洋の大波の記録の測った
http://service.spiegel.de/cache/international/spiegel/0,1518,408953,00.html
3月31日 2006
「英国の調査チームは、かつて最も大きな海のうちのいくらかが、測定され、増大している」と言った。
船に当たった一連の巨大な波は、非常に大きかった、コンピューターモデルによれば、船と油田掘削装置のために安全基準をセットした。それらは存在しなかった。
スコットランドの155マイル西、これらの怪物波の最も高いものは風力9でほぼ30メーター(98フィート)に達しており、12時間揺れた。
 さらに驚くべき、巨大な波は、個々の波だけで、グループとして現われなかった。
以前に、そのようなサイズの波は仮定された、単に単一に見えた。

 29.1メーター以内(95フィート)の高さで、水槽から船首まで、一つの高波がかって最も高く測定された。」


科学者のアドレナリン濃度がいくぶん減少したあと、驚きはクルーの間で広まった。標準的なコンピュータープログラムは、そのような大嵐でなく、 2000年2月8日の間、荒天を予測しました。ずっとより驚くべきもので、巨大な波は個々でなく、しかし、グループの中に現れた。以前、そのようなサイズの波は、単独で見えられるだけち考えられた。

ホリデーが「危険な状況」として描写したものは、連続した運に変わったことがわかった。
 科学者が今、ジャーナルGeophysical Research Lettersで発表した記事によると、ディスカバリーの乗組員は、公海でこれまでに科学的な器具で測定された最大の波を目撃した。

これまでに測られた最大の波

 谷から頂上まで最高29.1メートル(95フィート)の高さで、この一つの波は、これまでに測られる最高のものだ。いわゆるかなりの波の高さに関して、科学者によると、彼らは新記録を確立した、18.5メートル(61フィート)。
With a height of up to 29.1 meters (95 feet) from trough to crest, the single waves are the highest ever measured. In terms of so-called significant wave height, they established a new record, according to the scientists: 18.5 meters (61 feet).  かなりの波の高さは、3番目に波の高い方の部分の中央の高さだ。それは、ざっと、経験豊かな水夫が肉眼で推定することができる海のうねりと一致する。
 Significant wave height is the median height of a wave's upper third. It corresponds roughly to the sea swell that experienced sailors can estimate with the naked eye.

 記録よりより重要なことは、波が生まれた方法である。
 「彼らは、あまり強い風に起因しなかった」と、ホリデーがSPIEGEL ONLINEに話しました。
 最大の水の塊がRRSディスカバリーを攻撃した時、嵐で最も強い段階は一日すでに終わっていた。
科学者は、いわゆる共鳴効果が恐ろしい波の原因となったと思う:波と風は、ほとんど同じ速度で大西洋を横断した。嵐は能率的に長い間エネルギーを波に注ぎ込むことができた。そして、彼らを巨大なサイズまで増やした。ホリデーと彼女のチームによって公表される記事によると、事件の初めの波の高さの急速な増大は、この仮説を支持する。

水夫と造船会社のためのトラブル?

あちらしいいデータは水夫と造船会社にとってトラブルを意味するかもしれないと、英国の科学者が思っている。彼らの研究結果は、巨大な波が信じられて以前より非常に一般的かもしれないことを示唆する。「もちろん、我々は我々が観察した特定のイベントに基づいて、全世界の海について一般的な主張をすることができない」と、ホリデーが言いました。「しかし、コンピュータシミュレーションは我々のためにこうすることができる」
 ホリデーによると、新しいデータを標準的な公式に接続することは、既存のコンピュータシミュレーションがわずかにスタートを切ることを ― 少なくとも巨大な波の形成に関するのと同じくらい遠く ― 示す。「我々が観察した波は、コンピュータシミュレーションによって予測されなかった」と、ホリデーが説明した。それには、船と石油採掘装置の製造への含みがあります。「安全基準は、コンピュータシミュレーションに部分的に基づきます。」

なぜ、シミュレーションと現実の違いは、以前に気がつかれませんでしたか?
 ホリデーによると、科学的なデータを集めている測定ブイと船の相対的な不足のため:「直接の波の高さの計測は、とても珍しい。」、Cargo船は強力な嵐を避ける傾向がある、そして、石油採掘装置は少なく、それらが巨大な波にめったに遭遇しない。
単独の高波の理由のために、英国の研究探検によってされる計測は「素晴らしい」 ― ウルフガングローゼンソールが確認した ― Geesthacht研究所の海洋天気専門家はドイツのGKKS造船社会と結びついた。ホリデーのチームによって観察されるタイプの波は理論的にすでに分析された、しかし、彼らについての唯一の実際的な知識は漠然としたレポートから来た。新しい計測は、発展した理論を確かめる。「このような何も、前にこれまでに文書化されなかった」と、ローゼンソールが言った。

Not freak waves

異常な波でない

ローゼンソールによると、18.5メートル(61フィート)のかなりの波高さは、特に面白い。「統計学的によくこれを付けている巨大な29メートル(95フィート)の波」と、ローゼンソールが言った。彼はロックオールで観察される巨大な波が、比較的温暖な天気の間、どこからともなく現れる悪名高い「異常な波」と同じでないと説明する。
 そして、大きな船さえ破壊する。それらの波だけは、全体の高さが、彼らの重要な波背の高さの少なくとも2倍である異常な波と考えられる。かなりの波の高さが、ほぼ18.5メートル(61フィート)である時、約30メートル(98フィート)高い巨大な波は ― 彼らが2000年に近いロックオールの手入れをしたので、そして、ホリデーと彼女の同僚が彼ら自身で発見することができたので ― 可能になります。
しかし、ローゼンソールは新しいデータが造船でセキュリティ標準に重要な影響を及ぼすことを疑う。「一つのケースも、既存のコンピュータシミュレーションを時代遅れにしない」と、彼が言った。
 それにもかかわらず、コンピュータシミュレーションの正確さについての質問は、最大の気象状況の下で海うねりに関してしばらくの間上がりました。ローゼンソールは、これが部分的に、衛星に基づくレーダーによって得られる弱い計測の結果であると説明した。「より強い風は、より弱い、そして、波によって反射されるレーダー信号を測るより難しい」と、彼が言った。
ホリデー ― チームが海うねりのコンピュータシミュレーションのために専門家を含む ― は、彼女のサイズがコンピューターモデルの改善に関与することを確信している。「既存のモデルは、強く最大限の波高所を過小評価する」と、彼女が言った。「シミュレーションの担当の人々は、彼らが誤ってしていることがわからなければならなさそうだ。」
野生の天気は、記録波をもたらしますWild Weather Produces Record Wave
オンラインのABCニュース、2006年9月22日に、 ABC News Online, Sep 22, 2006
今週タスマニアを襲った野生の天気はオーストラリアでこれまでに記録される最大の波の1つも生じました。波は19.5メートル高かったです。ソーレル岬の近くで、国の西海岸を離れた10キロメートル、それは昨日記録されました。Swellnet予報官ベンマトソンは、波が重大な損害を与えるために可能性を持ったと言います。年のこの時は南のOceanでかなり活発です、そして、冬を通して、我々はおそらく5または6が最大波高所がソーレルBuoy岬でおよそ14または15 メートルに達したイベントをふくらませるのを見ました。しかし、遠く私が10年の予測でわかったという何に加うるにでもこれ。 The wild weather that has hit Tasmania this week has also produced one of the biggest waves ever recorded in Australia. The wave was 19.5 metres tall. It was recorded yesterday, 10 kilometres off the state's west coast, near Cape Sorell. Swellnet forecaster Ben Matson says the wave would have had the potential to cause serious damage. This time of year is reasonably active in the southern Ocean and throughout winter we've probably seen five or six swell events where maximum wave heights have reached about 14 or 15 metres at the Cape Sorell Buoy. But this far above and beyond anything that I've seen in 10 years of forecasting.
時のサインー#1602
264フィート波が本当にあったか?これはドイツの船により記録された。

[そして別の情報源から]260フィート波が確認されたーhttp://www.sailwx.info/shiptrack/shipposition.phtml?call=ELWR5 ' 'Hansa Visbyは2006年5月28日12時00分UTCに最後の報告した。 位置:北緯45°30、西経W014°42 長さ149.8m、高さ23mドラフト9.5m VOS分類:一般貨物船;船としてDEにより雇われた(商船)。 風:10ノットで方位10度の風。 高波80.4メートル(264フィート)、2秒の間に。

[そして別の情報源から]それは、大きい波、★正確に測定された機器であった。機器エラーではなかった。
 これは、私達が説明した跳ね返しの動きのタイプである しばしばそれが、地震のため海に滑り込むと恐れられていたように、それはカナリア諸島から離れて起こる。
 想定は、いくつかの津波が大西洋を横切り、ニューヨーク、ニューヨーク市を襲うことである。私達は「これが起こらない」と述べて記録上にいつもあった。
 海洋での大きい調整は、それが★海岸線に到着する時間までに、さざ波になる。
 津波は、岸に急襲する水の非常に急速な動く塊により起る、そしてそれが陸に近づくと、低い波がそれの後ろの圧力のため持ち上がり、陸で砕ける
 しかし、海洋の中央で落ちる★流れ星のような大きい置き換え量は、高い波をすべての海岸線に襲わないけれども、むしろ自身で後ろに跳ね返り、前後に調整する。
 何かをあなたの浴槽に落とし、どれほど迅速に、その置き換え、作られる穴が、埋めもどされるか観察しなさい、そして小さなさざ波が前後に行く、波立った水、そして、突然、それは再び滑らかになる。
 もしあなたが櫂をとり、浴槽にそれを入れ、それを押すなら、これは、水が浴槽の端に動いて、次に、突然浴槽のその端に対して、跳ねかかり、続くように、これは大きく異なる、櫂は津波である。

 もし、あなたが浴槽に石、又は何か重たい物を落とすなら、それは大西洋で起るもの、又は隕石降下での調整である、それはそれが開いて伸びるような大西洋の片揺れで、そして太平洋は次にある調整と圧縮を作る。
 大西洋の中央で地震、又は伸びの調整でさえ、計測がされていない。
 ストレッチ(伸張)ゾーンは、たいてい地震により付随されている圧縮と違って、静かな調整である。
 従って、ストレッチゾーンの記録が全然ない。
船が上下に揺らされ、生き残った者達が、転覆させられなかった、波が岸に到着するまでは、それは前後に跳ね返し、海に返り、調整され、岸へのほとんどの衝撃はない。 [注:新しいZetaTalk:GodlikeProductionライブー2006年6月3日。]

icon