icon Saudi Takeover;サウジの乗っ取り-14sep-07


2002年11月30日に、彼らの石油のために、ゼータはイラクがサウジアラビアを侵略することへの前ステップである」と述べた。2003年2月8日に、これは再び言及された。

ブッシュはイラクとの戦いのために理由を見つけようとしている、それで、彼らの石油とうまくやることができる、そして、イスラエルは計画どうり、シフトの前にイラクとサウジアラビアの石油を手にいれたい。
ZetaTalk: リークLeaks2002年11月30日
イラクとサウジアラビアが陥落するように、彼らの計画がうまくいっていなくて、すぐに彼らの目的物を乗っ取ることが許されなくて。残りの世界は、のろわれる(非難される)。
ZetaTalk: モニターされる;Monitored2003年2月8日

2005年10月15日に The ガーディアン は、内部のメモがイラクと同様に最初からサウジアラビアを侵略する計画を明らかにした思いもかけないことを発表した。
 弁解が、イラクと同様に、大量の武器の疑いのために、両国の侵入は明らかに、彼らの石油備蓄以上のものがありました。インディペンデント、もう一つの英新聞社も確認した。

ブッシュは、ブレアに『イラクを越える』ことについて話しました Bush told Blair of 'going beyond Iraq'
October 15, 2005, 2005年10月15日、ガーディアン The Guardian
ジョージ。ブッシュは彼が他の国(サウジアラビアを含む)を目標とするつもりであるとイラクの侵入の前にトニーブレアにじかに話した、それは、大量破壊兵器を時をかけて得る予定であると、彼は仄めかした。ブッシュ氏は「2003年1月30日の2人の男の間の電話の会話のメモによると、彼が「特にサウジアラビア、イラン、北朝鮮とパキスタンに言及して、WMD増殖に対処する際にイラクを越えて欲しい」と。
 英国の国際的な弁護士「フィリップ・サンズ」によって、法なしの世界、アメリカとメイキング、地球的な規則の破壊の記事の今週発行された米国編集で引用されたメモ。
 サンズ氏によると、メモはダウニング街で首相の外交政策アドバイザーのうちの1人によって作成されて、外務省に渡された。

ブッシュ氏がイランと北朝鮮またはパキスタンにさえ言及したことは、驚くべきことではない - 核のノウハウを広めることで疑われる時に、しかし、現在、アメリカの戦争で最も近い同盟国うちの1つは、「テロとの戦い」です。
 重要なことは、サウジアラビアへの言及です。  ワシントンでは、新保守主義者特にはサウジアラビアの皇族に敵対的で、彼らがイスラム教徒過激派を鎮めるために十分にしていると思いませんでした - 15人の9月19日のテロ攻撃者のうち11人がサウジアラビア人だった。
 しかし、ブッシュ政権は少しのサウジアラビアの核の野心に対する懸念も人前で表明しなかっ。
2003年9月に、ガーディアンはサウジアラビアが核兵器をもたらすことを含んだ戦略的なチェックに乗り出したと報じた。その時までは、ワシントンでの仮定は、サウジアラビアがリヤドとワシントンの悪化している関係にもかかわらず、米国の核の傘の下に残るだけで満足していたというだった。
ブッシュからブレアへ:最初にイラク、そしてサウジアラビア
2005年10月16日 Independent
ジョージ。ブッシュはサウジアラビア、パキスタン、イランと北朝鮮が大量破壊兵器の上に対処されもするかもしれないとイラクの侵入の2か月前に首相に話したと、最高機密のダウニング街メモが示す。
 ブッシュが彼が「大量破壊兵器WMD増殖に対処する際にイラクを越えて欲しい」と言ったミスターは、秘密で個人的に跡がついたと、ダウニング街紙の手紙にはある。
 ナンバー10は昨日、「漏洩された文書についてのコメントでない」だ。
 しかし、ブッシュ氏がイラク戦争の前に WMDで他の国に取り組むことを考えていたという意外な事実は、MPに衝撃を与えました。サウジアラビアとパキスタンは、テロとの戦いで米国に近い同盟国で、WMDに関する目標と考えられなかった。
 大統領の爆発的意見を記録している秘密のメモは、マイケルライクロフトと首相の個人秘書と外交政策アドバイザーによって書かれた。彼はサイモン・マクドナルドに2003年1月30日に2人のリーダーの間で会話を記録している2ページの手紙を送った。そして、その人はジャックストロー(外務大臣)の個人秘書だった。ライクロフト氏は、それが「知る本当の必要が、彼らに示されなければならないだけだ」と言った。

「会話は、イラクが、孤立した問題として見られず、より幅広いプロジェクトに関する第一歩だったことを示すようだ」と彼が言った。「面白いことはサウジアラビアへの言及です。そして、それは私の知っている限りでは、特にWMDをもつ国ととして、その時確認されませんでした。他の見方は、サウジアラビアへの言及が、本当の目的がWMDだけに関連がなかったことを示すということです。」、「この手紙が大統領と首相の間で正確に会話を反映するならば、特にサウジアラビアで、それは驚愕を引き起こします。中東のアメリカの方針は、何十年もイスラエルに対する支持とサウジアラビアとの同盟に基づきました」と、彼が言いました。「これがゆるい話以上で、本物の方針の意図を意味するならば、それはアメリカの外交政策における急進的な変更を示す。」

icon