icon Dinosaurs;恐竜の絶滅

-30june-07

2002年2月2日に、Zetasは「恐竜が隕石の落下のために絶滅したわけではない」と述べました。ごく最近の科学的な証拠は遅い絶滅を支持する。そして、ゼータの説明と一致する。

隕石は恐竜の絶滅
に責任がない
2004年11月17日
プリンストン大学から研究者によって実行される研究で、この水の惑星で人類の進化の約何百万年も前に地球を歩き回った恐竜が以前に、彼らの絶滅の唯一の原因であると思われている大きな隕石影響のために絶滅したようにならなかったことが分かった。
 オンラインのABCによると、Chicxulubクレーターで発掘している地質学者は、恐竜がChicxulubクレーターへの落下よりも、むしろ2つの段階で苦しんだ、後の専門家によると、「300,000年の絶滅の前に、絶滅には何百、又は数千年もかかった」と主張しました。
アメリカ地質学会の年次総会で発表される最新の調査は、クレーターの隕石の影響が白亜紀の第三紀(またはK-T)境界線(6500万年前)のほぼ70%の生きている種の絶滅のための「動かぬ証拠」であったという前の理論の上に完全に水を差す。 in effect completely pours water over the previous theory that the meteorite impact at the crater was the "smoking gun" for the annihilation of nearly 70% of living species at the Cretaceous-Tertiary (or the K-T) boundary, 65 million years ago.

icon