icon Planet X Denial;惑星Xの否定 11-sep-07


1995年7月の前に、ゼータトークは、「戻る惑星X(別名ー第12番惑星、又はニビル)の大衆の目撃が世界中でNASA、天文台により援助されなくて、抵抗される」と述べた。大衆  2002年までに、sci.astro Debates がデモをしたので、発見された物体を含むNEATの星図の改ざんによって2002年2月に画像に関して、偽情報が続いた、2001年の天文台の観察に対する抵抗が見え、これは文書で十分に裏付けられた。

 援助がこの彗星を見つけようとしている誰にも与えられないという事実を越えて、なされる抵抗かせある。
 イスタブリッシュメントはそれがそこにあるということを知っているが、大衆が知るならば、噴火する混沌を恐れている。
 知っているイスタブリッシュメントの人々は、脱出ルートと安全な場所を個人的に計画していて、時間が来る時、姿を消すつもりだ。
 知っていて、情報を流すことに関係する人々は、情け容赦なく抑圧される。
 彼らは彼らが作るどんな声明の後にでも、個人的に信用さされないことが続くということを知っている。そして、性質がきたない。
 したがって、個人が彼らが彗星(惑星X)であると思うことを見つけるかもしれない所で、このような器材がどうにかイスタブリッシュメントの傘の下に入り、彼らは高性能の機材へのアクセスで彼らの援助を受けないだろう。
ZetaTalk;言論抑圧; Suppressing the Word
日付:2002年5月05日日曜日 22:02:20 -0500
記事:<3CD5F23C.3EE72A05@zetatalk.com>
主題:Re:惑星XのGIFアニメ
F
Neat NEAT Trickオペレーターが「休暇をとる」か、さもなければ便りがない間、1月19日の言明の直後に、それから、彼らが示すことができなかったように、NEAT画像はダウンロードして利用できなかったか、彼らが重大なエラーをしたか...

記事<3C7D2AA5.35E63605@zetatalk.comで> ナンシーリーダーは書きました:
>> スティーヴHavas(shavas7@hotmail.com)は、書きました:
>>> 惑星Xの赤外線の画像の第2セットは、2002年1月19日に高級なプロヴァンス天文台で撮られた
>>> 私は、デイブTholenがまだいかなるコメントもしなかった...
>>> このイメージは、何を告げるか?
>> デイブは、彼の上の者からの指示を待っている。
> そして、明らかに彼きそれらを得ていた!私はーそれは前の年にも現れたと主張して、1月19日惑星Xの写真の偽りを暴いているTholenによって、でっち上げられ、 最近新しいNEATの写真についてスティーヴHavasからの手紙を受け取った
、 > ナンシー > 私が彼らが2002年1月19日に示された物体の確かに存在したものを示すものを確認できたNEATイメージ(2001-01-17の一致するファイルをついにもたらすことができた。
> 1月19/2002の写真で示された 他の物体、(逆にされて、回転する時の、下と左)は現在 存在しない。
> スティーヴHavas OBVIOUSのものとの比較は、見逃された!
 我々がCCDカメラからのオリジナルFITSの内で、オープンマインドの1月5日の赤外線の写真をピエールの1月19日の赤外線のイメージと比較して下さい、
 1月5日に、Zetasによって確認される物は1月19日の場所にはない、そして、1月19日に、ピエールによって確認される物は1月5日の場所にない。
Images: http://www.zetatalk.com/usenet/use90543.htm Images: http://www.zetatalk.com/usenet/use90548.htm これは、彼らが特に現れるならば、NEATイメージが手を加えられたことを証明します!

icon