icon Wandering Planets;さまよう惑星-11sep-07


1995年前半に、最初のゼータトークの文書のうちの1つにおいて、ゼータトークは惑星Xが2つの太陽の間を回ることに大部分のその時を費やす彷徨う惑星と言った。2002年3月〜4月に、 アメリカン・サイエンティスト誌は、「科学者が最近そのようなさすらう惑星を見つけて驚愕した」と報告した。太陽

そうして、なぜ、惑星Xは、あなたの太陽系からそんなに遠くに離れ、何故戻って騒乱を起こすのか? あなたの太陽の引力ともう一つの太陽間の釣合いがある。そして、あなたによって目に見えないが、それでも存在し、影響がある。 惑星Xは、れが当初とった勢いと経路のため、ちょうど1つの軌道に定着することができないこれらの2つの力の間で、果てしなく旅行する。
 それは捕えられる。惑星Xの経路はそれが暗い宇宙空間で大部分のその時を費やす。そして、1つの偉大な引きからもう一つの太陽の引きへゆっくり戻る。
ZetaTalk;

自由に動く惑星と星の集団
アメリカン・サイエンティスト誌, Vol 90, 2002年3月〜4月

何世紀もの間、惑星は星を軌道に乗せて回る物と定義された。見える親星なしで、天文学者のいくつかのグループが自分達だけで宇宙をあてもなくさまよっている惑星サイズの物の発見を報告した時、この概念は最近逆にされた。.  密集した星の集団内のこれらの物体の発見は、天文コミュニティを不安定にして、惑星の性質と彼らができるかもしれない方法について疑問を提起した。Jarrod R.ハーリーとマイケルM.シャラは、これらの最近の発見を概説して、密集した星の集団の星の間のダイナミックな相互作用が、どのように惑星を彼らの親のような運命の重力束縛から解くかもしれないかについて考える。
Jarrodハーリーは、アメリカ自然史博物館の博士号終了の調査者です。彼の研究は、コンピュータシミュレーションを通して星団の進化を調査することが必要としている。
彼のモデルは散開星団M67で青い浮浪星の形成を説明するのを手伝った、そして、彼は最近、星団で惑星系の作用を調査し始めました。マイケルシャラは、管理者とアメリカ自然史博物館のAstrophysics部の会長職です。彼の研究の興味は、構造と新星と超新星(星の間の衝突)と星の数の性質の進化を星団と銀河に含める。

icon