icon Moon Swirl;月の渦巻き -11sep07


1995年7月の前半に、ゼータトークは惑星Xの引き連れている月たちについて述べた、そして、再び2001年12月の遅くに、その連星太陽のうちの1つを通過して定期的な迅速な通過のために、軌道よりむしろ後ろで渦巻く惑星Xの月達について述べた。
 2002年4月23日に ニューヨークタイムズは、「小惑星が衛星(月)を持っているか、互いに等しいサイズの時、これがそのように振舞う」と報じた。

なぜ、そのような月のパターンは、それ自体を恒久化しますか?
惑星Xは、その2つの焦点の中間で、実質止まりませんか?
 惑星の後で渦を確立して、月は惑星の周りで、月の星への通常の軌道パターンへの復帰を防いでいる 2つの要因がある。
 最初に、
彼らの渦は、それ自体を恒久化する。  速度は周辺を誘引する重力マスターの回りに通常の回転だけによって口述されない、それは渦で他の衛星から立ち去る必要によって口述される。

 第2に、集団のより大きな月は、永久に、それらの惑星(月)とその惑星の間の斥力が膠着状態を作るポイント、それらの惑星へより近くに行こうとする。より大きなものは、それらは行く手からより小さな衛星を押しのける、しかし、空間でのこの押している行動は、それら両方を動かす影響を持つ。このように、増加するだけでなく、それらの渦巻いている運動を恒久化するだけでなくて、それが近づこうとする惑星からより大きな月も押しのける。
ZetaTalk™

月と共に多量の彗星様のものは、専門家を気絶させる
ニューヨークタイムズ
2002年4月23日

そのような薄い重力組合せがどのようにできたかについて、★まだ説明することができない天文学者を驚かしたことは、太陽系の端に小さな彗星様のものさえ、しばしば仲間の衛星を持っていることだ。
ジャーナル「ネイチャー」の最新号を書き込んで、アメリカでフランスの天文学者チームは、1998ーWW31の回る楕円軌道と、太陽から43億マイルの小さな氷の塊とその月を解説する。
 一組は、カイパー地帯(ネプチューンの軌道を越えた破片のリング)の一部だ。カイパー地帯の物が通過する物体の重力により、と軽い一突きで内太陽系に押される時、それは彗星になる



 4年前発見されて、1998ーWW31は2000年に引き続いての観察でカイパーベルトでカタログ化された500以上の体のうちの1つだ、 Kamuela(ハワイ)でTelescopeのクリスチャンVeillet博士によってリードされるカナダ-フランス-ハワイの天文学者は1998ー WW31が、ぼんやりした南京豆のように、細長く見えると気がついた。

 彼らのイメージを以前に撮られた写真とそれらと比較して、彼らは南京豆の形が時間とともに変わるとわかった。そして、1998ーWW31のまわりで月の運動を提案した。
 天文学者は昨年発見を発表した、人が冥王星の月カロンを数えない限り、最初にカイパー地帯のまわりで初めてしられたものだ。(何人かは、冥王星をカイパー地帯の物体で最大のものと考える。)

 援助はハッブル宇宙望遠鏡での新しい写真からあって、天文学者の同じチームは、今は軌道の地図化計画を立てた。ざっと、同じサイズで、1998ー WW31は幅75〜90マイルと推定される;その月は60〜75マイル幅だ、そして、2つは遅い、非常に楕円ダンスで互いのまわりでクルクル回る。
 彼らの最も近いもので、彼らは互いから2,500マイルで通る。
 彼らの最も遠いもので、彼らは25,000マイル間隔だ。それらは、互いを中心に回るために、570日とる。
 「彼らの軌道の運動は、とっても風変わりだ」と、Veillet博士が言った。天文学者は、かつて、小惑星と彗星のような小さな体の引力が衛星にしがみつくには、あまりにわずかであると思っていた。
 1994年に、NASAのガリレオ宇宙船からの写真が、より多くの衛星が火星と木星の軌道の間で何千もの小惑星の間で発見された小惑星アイダの周りを回っている小さい月を明らかにした時、彼らは驚いた。
 カイパー地帯の物体のあたりの衛星は、予想外に一般的かもしれない。昨年には、天文学者はもう6つのカイパー地帯の物体について衛星を見つけた、そして、彼らは彼らのほとんどをまだ調べなかった。
 「それは、これにかんし驚異的なものだ」と、デイビッドジューイット博士が言った、彼はハワイ大学の天文学の教授、1992年に最初のカイパー地帯を見つけた科学者のうちの1人だ。
 誰も、衛星の観察された多量を予測しなかった。「それは、ちょうど起こった」と、彼が言いました。2つのカイパー地帯の物体の間の低速衝突は、2つを互いの軌道に入らせるのに十分なエネルギーを消すかもしれない。
 衝突は、物のうちの1つを一組に分けることもできた。「それから、詳細はその後かすんでいる」と、ジューイット博士が言った。現在、大部分のカイパー地帯の物体は、それらについて多くを学ぶために、天文学者のためにあまりに小さくて、薄暗くて、遠い。
 それらの軌道が真横向きになって地球に向いた時、彼らは1998ーWW31とその月のサイズの正確な測定値を得ることができた、そして、一つの物体は他の物体の前を直接通った。天文学者には準備する多くの時間がある、しかし、多くの人々はそれを観察するために生きていない。
 最も早い食が、約2050年であることを思いつくかもしれない。「私は、私がいそうにないと思う」と、Veillet博士(54)が言った。

icon