icon Melting Poles:融解する極:11sep-07


1995年7月に、ゼータトークは、「前兆のサインが、惑星Xに接近することに応じて最初から、地球のコアから、熱くなっている世界の海である」と述べて、2002年10月15日にこの温暖化 を繰り返した。
 2002年3月27日までには、科学者が氷冠の下でその温暖化をconceededした極地の研究は、崩壊の主因でした。
2006年9月14日に、NASA衛星は、氷の急激で驚くべき変化を記録した。

地球のコアが加熱したので、海の温暖化は、それは近づいている惑星Xに応じてそうする。これは続けて、増加する。
ZetaTalk: 前兆, 1995年7月15日
 
これら、そして、溶ける極地の氷と氷河を引き起こしてコアからの地球の温暖化の既存の傾向を除いて新しくない。
ZetaTalk: 2002年の間, 2001年10月15日
北極研究者の氷の下からの融け
BBC News Online, Mar 27, 2002
科学者は、彼らが北極海氷を薄めることを説明することができるメカニズムを特定したと思っている。
彼らは、夏の若干の地域で40%以上に達する融けには2つの原因があると言う。上る気温(おそらく地球温暖化の結果)は、上から氷を溶かしている。そして、より暖かい水は、下から氷を攻撃するために、深みからも上がっている。
 ケンブリッジのスコット南極研究所の、ピーターWadhams教授は「英国は2000年に、彼が1976年と1996年に潜水艦から観測を使って、薄くする程度を確立したと言った。
    彼は、これらがその時間には、海氷の広域が、スヴァールバルとグリーンランドの間で北極からFram海峡にわたって、北極の夏の間に43%薄くなったことを示すと言った。北極の向こう側からの米国のデータは、北極とベーリング海峡の間で、同期間にわたって類似した希薄化を見つけた。

報告された溶解は氷がまだそこにあると思っている一部の科学者によって疑われた。そして、潜水艦がそれを探さなかった地域に集中した。
しかし、Wadhams教授は、20年前の16フィート(4.8m)から今日の9フィート(2.7m)へ、彼が見つけた希薄化が科学的に説明できると言う。
彼は、BBC News オンライン:
北極の冬の温度が-30C近辺にあるので、人々は地球温暖化が氷を溶かすのに十分な気温を上げられないと言う、とにかく、そして、★1度の温暖化は無関係だ。
 しかし、重要であるのは、夏の温度だ。夏をより長くしている北極は雪を溶かすためにより暖かい空気のためにとてもそこでより長い、そして、氷に影響を及ぼす。他のメカニズムは、氷の下の水の1、2度の温暖化だ - 全くかなり溶けている底を上げるのに十分だ。冷水層が、氷の下にすぐある。しかし、北極のシベリアの川の水の配布における変更のため、それはその安定性と塩分を変えている。広域で、その冷水はより塩性でより濃くなっている。そして、それはそれがより多くの熱をそれ中で上がらせていることを意味する。
Drastic' shrinkage in Arctic ice
Sep 14, 2006
http://news.bbc.co.uk/go/em/fr/-/1/hi/sci/tech/5344208.stm
Nasa衛星は、北極海氷の驚くべき変化が2004〜2005年にカバーすると実証した。永続的な氷の範囲 - 一年中残る濃い氷 - 地域にパキスタン、又はトルコ国のサイズを失わせて、14%落ちこんだ。
最後の数十年は、夏の氷が1年につき約0.7%縮むのを見ました。北極の上る温度が要因でもありえたけれども、急激な縮みは部分的に、2005年に見つかる変わった風パターンに関するものかもしれない。

 研究は、ジャーナルGeophysical Research Lettersで報告された。
  我々が2004〜2005年にわかる変化は、巨大だ。北極は、世界的な平均のおよそ二倍速く、温暖化だ;そして、最近の調査は、各夏氷によっておおわれる北極の地域と氷の厚さが減っていたことを示した。我々がもう一度平均で長期であるならば、我々は10年につき6.4%と7.8%の間での縮小を見つける。我々がここで持っているものは、1年間の14%です - ★前の率の18倍。

icon