iconYellowstone:イエローストン


★(訳者ー注 )日本でNHKで2002年に放映された。★

 2000年1月12日に、「シェラ連峰中に伸びる活断層が、イエローストンカルデラに噴火を起こすかもしれない」とサイテイングラジオショーにおいて述べた。★2000年2月3日に、BBCはこの可能性を報告した。

スーパー火山イエローストン
抜粋文:BBC2地平線テレビプログラム、2000年2月3日

ナレーター(sinÉAD CUSACK):イエローストンは60,0000年サイクルにあり、最後の爆発は、ちょうど600,000年前であった。
 まだ、現在火山性の活動の証拠が、全然、なかった。火山は消えているようであった。その安心する考えは変わりかかっていた。
 イエローストンの火山性の歴史により魅了された別の地質学者がいた。ボブクリスチャンセンのように、教授ボブスミスは彼のキャリアの多くのための公園を調べている。1973年に、彼は野外作業をし、イエローストン湖のある終わりにキャンプした。

ロバートスミス:私は、パール島と呼ばれる場所のこの湖の南にある端で働いていた。私はある日に島に立ち、私は2、3の異常な物に気づいた。普通この場所で私達が使うボートドックは水面下であるようであった。
 私が湖の南にある終わりの拡がりを点検していたその夕方、私は、水路で氾濫していた木を見ることができた。私はこれらの木をちらりと見て、水で数インチ氾濫し、それらは、たぶん、深さ1フィートである、
私にとり、非常に異常に見えた。というのは、湖のどこにも本当に変わった 湖レベルがみえたからである。
それは何を意味していたか?
私達は知らなかった。


ナレーター:スミスは、イエローストンで起こったことを見つけ出そうとすることを調査に委任した。公園は、イエローストンを横切る様々なポイントでエレベーション〈海抜〉が測定された1920年代に、最後に測量された。50年後で、スミスは同じポイントを調査した。

スミス:アイデアは、それらの海抜を調査し、70年代中頃に、それらが、1923年と私達がした事のタイプの間にあったものに海抜を比較することであり、その精度レベルで記録を数ミリメートルで作ることになっている。

ナレーター:図の2セットが同様であったはずであるけれども、調査チームが公園を横切って動き、彼らが不意の何かに気づくと:土地は上位に持ち上がっているようであった。

スミス:測量技師は私に要った、「間違っているそしてそれは私ではないと私に言った、それは他の何かだ、それで、我々は今度は身長にと再計測した、そして、結果はちょっと私を打った このカルデラは、真ん中で740M、この時に、隆起したとつげた。

ナレーター:測定が続いたように、沈められた木のための説明が出現しはじめた。イエローストンの北の下の土地は、下に公園の残りを傾けて上に膨れた。
 これは、水のため沿岸の木に氾濫している湖の健全な終わりの外で転覆した。火山学者は、ほんの1つの物が地面をこのように持ち上がらせることができることに気がついた:広大な生活マグマ室。もしイエローストンスーパー火山が生きて、サイクルの計算が正しく、すでに
次の爆発が 期限切れであったならば。

ロバートクリスチャンセン:さて、もしあなたが、私達がこの600,000年であったという事実についてするならば、これが私達に神経質の現実の震えを与えた、サイクルと最後の爆発は約600,000年前であった。

スミス:私は人々に話したい気がし、それは私達は、基本的に巨人の手の上に居る。

icon