icon火山Uptick


2000年1月12日のサイティングラジオショーで、ゼータトークは、2000年の予言の中で、エルニーニョを起こし続けている海中の動乱のため、火山噴火を予測した。
 2000年8月スタートし、これはクリアな傾向でした。

爆発、地震の毎日の一服は、日本に地震に神経過敏さを与えます
Chisaki Watanbe、AP通信社、2000年8月10日

日本は夏に耐えますか?
 1ヶ月より多くの間、地震公報は日刊をテレビスクリーンにさっと送り、およそ30分ごとに時々来ます。いくつかの地震がそんなに強かったので、全国的なアナウンサー〈NHK〉は、正常なプログラミングを捨てて、その緊急事態警告モードになることを強制されました。
それから、火山があります-過去の4ヶ月での大きい爆発は3回。
 日本は、世界のほとんどの地震と火山国のうちの1つであるけれども、活動の突風は、最近並みはずれていました-そして、国家の神経において重大なほつれになりました。
 日本の神経過敏さは、木曜日に、1ヶ月で4回、東京から離れた島の火山が、噴火し、黒い灰を空に送り、600人より多くの居住者の避難を強制し続けました。
三宅島Miyakejima〈4000の人口の小さいリゾート島〉のマウント雄山Oyamaの爆発は、1990年以来その最も大きいものでした。それも不意ではありませんでした。
過去の2ヶ月の間、三宅島の地震計と伊豆諸島の他の島は、マグマの莫大な地下プールでのシフトの結果であると信じられる数万の地震を記録しました。
 地震の約12000は、触れられるように十分に強く、いくつかが190キロメートル向こうの東京、および近隣の横浜(120マイル)の建物を揺らさせさえしました。
 より強い地震のうちのすべては、日本の緊急事態を、自動的に、動作にシステムに警告するようにし、可能な地震で起こされた津波のニュース速報と警告を結果として生じます。
 科学者は、伊豆の活動が続くと信じるけれども、彼らが、予測するものを予知するのに困難さを持つと認める。

火山爆発データ
南西にある火山研究センター、アパッチ接合、アリゾナ米国
R.Bによりコンパイルされます。Trombley、Ph。D、主要な研究火山学者

火山噴出 12年を過ぎる所 の数(データは海底のタイプ火山を含みません)

1989=46、1990=32、1991=40、および1992=50 、
1993=44、1994=44、1995=45、および1996=35 、
1997=33、1998=36、1999=48、および2000=51(これまでに*)

* 最後の計算は2000年10月9日に作りました

icon