icon遠心力


 1997年1月15日に、ゼータトークは、遠心力のためだけではなくコアの様々な構成の引力と斥力のために、惑星、または太陽の回転が起こると述べた。2000年3月31日に、AP通信社は、そのゼータステートメントをサポートしている科学発見を報告した。

研究者は、種々のスピードで、太陽の層が、回転すると気付く
AP通信社、2000年3月31日

 太陽内の深いガスの平行した層は、異なったスピードで、周り、黒点の構成と太陽フレアを説明する動き、新しい研究は示す。地球の6つの太陽の観測所からと太陽観測衛星から収集されたデータを使うことによって、スタンフォード大学の科学者は、反対方向に遅く、または加速する太陽内での深いガスの2つの層を見分けた、けれども、パターンを同期させた。
 「それは、私達が、全然、予期しなかったものではない」とスタンフォード研究物理学者Jesper Schouは、ステートメントにおいて言った。「それは突然に、全く来る。」と研究者は言った。回転率の違いは、表面、およびコアを含む放射するゾーンの近くで太陽の2つの主要なガス領域、対流ゾーンを隔てているtachoclineとして知られているサブ表面の層の上と下で起こる。

 4年のデータに基づき、科学者は、1秒あたり、1996年7月から1997年2月まで約60フィート(18メートル)で対流ゾーン〈tachoclineのすぐ上の〉が、その回転スピードを増大させると気付いた。それは、以下の8ヶ月の間、その時、そのオリジナルなスピードに遅れて、戻った。
 同時に、放射するゾーンは、逆の行動を正確に示し、速度を落とし、それから、加速した。サイクルは、16ヶ月、または1.3年ごとに、自身を太陽の赤道に繰り返したけれども、それは太陽の中緯度において、12ヶ月だけごとに再発した。
 地球と違って、太陽は、ガスで作られる。これは、種々の率で、太陽の球の部分が回転することを可能にする。まごつきのサイクルは、太陽の大量の磁場、および黒点の11年サイクルを作成する力と関連できるけれども、研究者は確信しない。
 黒点は、磁気のパルスを出す太陽の嵐ある、もし、地球に向けられるならば、通信とパワーシステムを中断できるであろうイオン化された粒子を出す。

icon