iconIllness:病気


 1998年1月15日に、ゼータトークは、病気が第12番惑星接近につれて増大すると述べた。2000年2月2日に、ワシントンこの増加が確認された。

世界を恐れさす米国のまわりからの病気
ロイター
、2000年2月2日

 米国インテリジェンスが、アメリカ人に、彼らが、世界の残りにおいて発生している伝染性の病気から脅威を生む下にあると警告している。「シニア政策者は、海外で働いた米国軍隊のために、米国市民にとって伝染性の病気脅威を国内外で育てている意味について、ますます心配する」とジョンGannon、国民知能協議会の会長が火曜日に言った。彼は、スミソニアン協会のシンポジウムで、新しい国民インテリジェンス見積りの報告、「合衆国にとって地球的な伝染性の病気の脅威、およびその意味」をリリースした。彼は言った。アジアは、2015年の前で病気の震央としてアフリカに取って代わるので、HIVとエイズの広がりにより動かされた伝染性の病気の死の主要な増加を見そうである。

30の新しい病気は、地球的なデビューをする
Gannonは言った。「 HIV、エイズ、肝炎C、エボラ出血熱haemorrhagic熱、および昨年インドネシアで出現した脳炎関連のNipahウイルスを含むみ、973年以来、最低30の以前に未知の病気が世界的に出現した」と。
 彼は「多くはもまだ不治である」と追加した。「1973年、いくつかの再発以来、結核、マラリア、コレラなどの20の有名な伝染性の病気が、再明らかになるか、または「より致命的で、薬抵抗力がある形式」に広がった、」とGannonは言った。リポートは「合衆国が、グローバルな旅行、移住、および商業の主要なハブであり、大きい民間人と軍事的存在を海外で持っていたので、アメリカ人はリスクにいた。」と言った。
伝染性の病気は、1年あたり最低170,000人のアメリカ人を殺し、「たぶん、戦場損傷より多い陸軍病院入場を勘定した続く」とリポートは言う。リポートは「開発途上国の人道主義者において使いこなされた米国軍隊力、または平和維持オペレーションが、最も高いリスクにある」と言った。

icon