トピック:遅い回転


★未翻訳ー(訳者ー注 )

 遅くなっている回転が、第12番惑星の通過の間に起きる地球の回転停止のブレリユードである。
 遅くなっている回転は、比較の基礎として、1972年以来秒を早める過去の調整と共に記録され測定されている。
遅くなっている進んだ秒の調整は、最近、★海軍Navyにより提案された。それがより短くなっているので、又、太陰月も比較の基礎として使われうる。
1990年の★急ぐ海軍は、★満月から得られる、★地球の回転と★昼夜平分時は、データのごまかしと★ Aberationを見せる、★現在でない速い時のデータは、見せる、昼夜平分時の変化のための★
1950年からのデータは、★Equinox Trend調整された★満月の傾向を見せる。
前のシフト:Prior Shiftの分析は、その時のスローダウンの証拠を与える。
海軍は、それらを★リセットする、 他の証拠は、★星の観察と明らかに見せる★地球回転サービスに基礎を置く。
原子時計が変わる
遅い傾向は、May 15, 2003の
A1
A2
A3; Majority Clocks
B1
B2
B3; Casio Wristwatch
C1
C2
C3; and Summary
D1 and Projection
D2
D3
の時計観察のチャートで記されるように、それで、未来の傾向の仮説が、立てられる、遅くなっている回転は、地球温暖化に帰されている。衛星は影響されている。

 トラブルタイム のチームメンバーは、クロックと、をセットし、および標準の方法を使っての実験を示唆する。
 別のメンバーは、原子時計を他のクロックと比較することを提案する。バッテリの寿命はバッテリータイプのために、異なる。
地球遅らしている傾向は、IERSNEOSなどのような政府の報告は、スーパー流動体ーSQUIDなどの他の方法と違った意図的誤報が必要である。
 又、エルニーニョ弁解のような弁解が公言されている。 トラブルタイム TEAMが、これらの問題を監視するために、形成された。