icon東海岸、合衆国-East Coast, US


 大陸の裂け目は、そしてそれはむしろ大陸移動よりもポールシフトの間に起きるもので、長い大西洋の下で起こる。  裂け目の前に、いずれかの側面の海岸線の緊張と当然の引きずり下ろしがある。

 ニューイングランド区域の南の米国の東海岸は、ポールシフトの間に苦しむだろう、その区域の多い住民だけのためではなく、大西洋の端の上の土地、が引き下ろされるために、離れて破れて抵抗する地殻と共にこのシフトより先に、地殻の緊張の間に、大西洋の下のプレートの一般的な伸びである。
 これは、赤道により近いもので最も激しい、 米国東海岸に沿う南の州が、裂け目が起こる時、後ろに跳ね戻りながら、驚くべき程度で、水の下に行くであろう。

 それが北極により近づけば近づくほど、そこに緊張が少なくなる、南を中心に置くそれらのプレートの上の陸地の塊の大部分と比較してそれらのポイントの位置の為である。
 これは、イギリス諸島の島を水面下に持って来るであろう、そして住民が可能と考えものを越えたレベルへの驚くべき落下のため、同じく南東の合衆国に沿って沈む。
 ニューイングランド州は、前のポールシフトで既に分かれていたセントローレンス水路の速い裂けのために、シフトの間に飛び跳ねにそれら自身を気づく、そこで南の州はそれら自身、シフトの前に水の下に引き込まれるのを見いだすであろう。

  中央の北ペンシルベニアから全部の半島は、飛び跳ねを経験するであろう、しかしこの事件の上でペンシルベニアは、水でその足指を持ち、ただ水の上にその頭を出すであろう。
 津波があるどこでも、、ニューイングランド区域の東海岸の南にとって、一般的にその緩衝地帯の中で一層、又は200フィートの高さで一般に100マイル内陸に襲う可能性を持つであろう、これが、緩い津波が水の流れを容易にする、又は平らな土地である内陸に500マイルまで上がるのが計算出来るに違いない。
 土地は150フィート、シフトの間に、海抜に落ちるであろう。

  水は、それが多くを驚かせるであろうように、津波ではなく、着実に上昇するであろう。
 この緊張、この引きずりは、シフトそれ自身まで、回復されない、それで土地がやがて水の上にあるかも知れない所で、前のポールシフトは水の下にあるだろう。
 このように、アパラチアの山中で良くない民衆の大多数は、溺死するであろう。

ZetaTalk

icon