icon日本-Japan


日本は、地球全体で大陸を均一にしようとしている大陸の漂流を悪化させるポールシフトのときには、事がうまく運ばない。日本は、圧縮とプレートの動きを経験するプレートの端に乗っており、★ 今度の厳しいポールシフトのときは日本にとって破滅的である。
 ★日本は活火山とそうでない火山とで穴だらけであり、津波が大した心配ではない程に、激しく爆発する火山が、★これらの火山の島々のほとんど全ての生命を根絶する。ポールシフトに先立って、日本では、第12番惑星が接近する時に発生する、★ますます強い地震と火山噴火が経験される。日本は陸地にだけでなく海底にもある断層線上に位置しているがために、これらのますます強いプレート調整の結果から、時には、高波が起きる。

 海岸沿いの都市に住む人達は、したがって、地震そのものだけではなく、強さを増す地震の結果発生する津波にあい、これはポールシフトそのものにつながる。比較的狭い土地が壊され、揺らされ、そこの住民は行くべき場所がほとんどないままにされる。
 津波の押し寄せは、島にちょうど直角で最も大きく、水が高地まで押し上げられる程に沿岸を強襲し、水の力が海に戻るような角度で海岸に沿わない。ある場合には、ポールシフトの時には、水は島を完全に乗り越えて押し寄せるほどに高く上昇し、それらを洗い流す。

 ★日本では、どこにも安全な場所はない。
 それは、竜巻の中でどこに立てば凶暴な風を避けられるかを尋ねるようなものだ!それぐらいに予測することはできない。「津波は水を渓谷の高いところにまで押し上げるが、それが押し上げられてこない程に高い場所か、あるいは、高温のガスと落下する岩が襲ってこないような火山の山腹、そのようないくつかの場所は安全であるかもしれない」と、推測できる。しかし、大気と海はかき乱されるので、これは予測できない。
------------------------------------------------------------------
大津波が高い場所、又は火山の側の谷へ水を強制しないように、熱いガスと落ちる岩石が人を襲わないように、いくつかのポイントが高くて安全であるかもしれない」と仮定されえる。
 しかし、動揺する大気と海のため、これは予測不可能だ。 日本はポールシフトの間平均200フィート(60m)の上昇を経験するが、これは日本列島の北と南で変化する。  日本は北米大陸に横たわっている(アリューシャン列島、日本、およびカムチャツカ地域を取り巻いて、その舌はその方向で突出している)。
 私達は、「この舌が、それへのすべての圧力にもかかわらず、別個のプレートになって壊れない」と述べた。  北のメインプレートにより近い日本列島のその部分は、太平洋のプレートを★乗り越える北米プレートによって上がるので、シフトの後により波の上に残るであろう。
 フィリピンプレートの砕きのため、日本列島の南の地域の近くの領域は、遠くに押されない、 それゆえ 砕けを通してより容易な通路を見いだす南日本の★下に沈み込む。  従って、北日本は250フィート(★75m)上昇する一方、南日本は150フィート(★45m)の上昇を経験する。ー11/2012追加

ZetaTalk


日本はいくつかのプレート境界の接合点に一時的する。 このプレートが大規模で、安定しているから、南の諸島は最も良く安定している大きなユーラシアプレート上に位置している。
 北方の島は大きな北アメリカのプレートの舌の上にあり、しかし、それが、時々 オホーツクプレートと呼ばれる、特にその傾きとともに極端なストレス下におかれるが、このプレートの舌は同じく安定している。

 太平洋が圧縮しているにつれ、問題であるのは太平洋からの圧力だ。
 同じく、それが圧力ゲームで負けるにつれて、フィリピンプレートは問題となっていて、そして本質的に下へ押されて、そして失われる。
 フィリピンのプレートは、傾き、マリアナ諸島で上昇し、そしてインドネシアを保つユーラシアのプレートの舌の下に飛び込む。
 このプレートの舌はそれ自身押し下げられている。 インド- オーストラリアのプレートのカーブの下に沈み込むように曲がり、壊れる同時に、インドネシアを保つプレートの舌の下の西の端を、横にこれを傾けている、フィリピンのプレートに対して 折りたたまされているマリアナ海溝のドミノ効果を想像せよ。

これはほとんど同時のドミノの圧力だ。
 シナリオは南日本の諸島が、特にこれらのプレートが富士山において一点に集まるポイントで、造山運動をすることを保証する。 しかし、圧縮している太平洋からの圧力は日本の北の島に直接かけられ、そしてそこで太平洋のプレートはこれらの下でこれらの島を押している。

 それでプレートの動きが始まる時、最初に日本の南の島の下方に傾き、そして下に押すだろう、そして次に抵抗がここで和らげられるにつれ、調整が同じくそこでなされるまで、日本の北部に対する圧力が増加する。

 ポールシフトの前に日本を苦しめる大きい地震は、当然、津波が北アメリカを目指して進むという効果を起こす日本の北方での大きい地震によって後に続き、最初にそれで南でおきるだろう。 これが起きるちょうどその時、そしてどれぐらいの時間が南での地震と北での地震の間にあるか、我々は言うことができない。

ZetaTalk 2010


日本は南の島での大きな地震の間にそれ自身、津波を起こさせるか? 北の島が大きい北アメリカプレートの上にあって、そしてそれで、北アメリカに向かって津波を発生させるところで、太平洋がその下に押し込まれる時、南の島は複雑な複合プレートを持っている。
 フィリピンプレートは南の島の下に押される、しかし南の島の上昇が北アメリカに向かって津波を強制するよりむしろ、津波は南の島に強制されるでしょう。
 これは、なぜならフィリピンプレートは、南の島に対して水を巻きあげ、 ★マリアナ諸島側で傾くからである。 日本はよく津波警報システムとこれらによってよく保護されて、津波が日本が、全体的に、想定外のことではない。

ZetaTalk ? 2010


歴史的に、日本は100フィートと同じぐらい高い津波を経験している。
(訳者:注)三陸沖地震で38mを記録
プレートの動きが新しくない、そして進行方向は同じく新しくない時、日本はその南の島にこのような津波を予想できる。
 しかし、フィリピンプレートの傾きは、今回はいっそうひどいだろう、それで極めて大きい警戒の中で津波について心配している人たちは南の島での地震によって影響を受ける海岸線を避けて、そして30mー40mの高さの津波を考慮に入れるべきだ。
 日本政府は最も確かに★惑星Xの存在と合衆国と主要な政府がこの情報に課したきついカバーアップ(隠蔽)に気付いている。 国、政府は10年以上の間(今まで)カバーアップ(隠蔽)の一部だった。

ZetaTalk October, 2010


(それによって、マリアナ海溝がマリアナプレートを折りたたみ、インドネシアを支えているプレートの舌の下にそして折り畳まれるフィリピンのプレートの下にそして折り畳んでいる)太平洋の折りたたみは、もちろん日本をショックに巻き込むだろう。
 これはどのようにそうではないのでしょうか?

 フイリッピンプレートはまた富士山の接続点の日本の南の島の下に押している、そこは太平洋とフイリッピンプレートがお互い滑る3つのプレート境界で、★富士山の接続点は焦点になるだろう。
 フィリピンプレートが傾き、それの下に押されるにつれ、★南の島で地震が起きるだろう、そして太平洋プレートが、フィリピンプレートがその側面をこするようにすることから、反響するにつれて、★富士山は同じく地震ー衝撃を受けるだろう。
 これらの地震は、我々はM7に、彼らーイスタブリッシュメントが格下げするけれども、M8だろう。 北の島のショックはもっと悪いだろう、フィリピンプレートが傾くように、太平洋プレートが傾かないので、それでそれは北の島の★下にその道を押し進めるだろう。
  ここに大きいショックが起こる時、それらの地震が間違いなくマグニチュード8と発表されるが、実はマグニチュード★9の地震にいっそう近いだろう。

ZetaTalk ?December 11, 2010


   日本にとり、この地震は同じぐらい恐ろしいが、それは我々が説明した日本の★レベル10のうちのレベル7の出来事の★スタートではない。
 レベル10のうちのレベル7では、日本は、★南の島で起き始めて、そして次に★北の島に進んで、一連の大地震を経験しなくてはならない。
 この地震は、まだで、正しい連鎖ではなく、その大きさを持っています。 「インドネシアの沈降は、我々が静かな調整と呼んだもの、そこの大きな地震なしで起こる」と予測された。
 南アメリカが移動回転することはM8-9の範囲で一連のかなりの地震を持っていると予測される。 アフリカの移動回転と沈降は再びM8-9等級の範囲での地震を巻き込むだろう。

 ★ニューマドリッド大地震は特に、地震の頻度とマグニチュードが増える時に、多くの者達の達にとり紛らわしいだろう、それで、活断層を引き裂くことに付随して起こる大きい9+の地震が起こる前に、M6からM7の地震はニューマドリッドエリアで一般的になる。 それで地震がレベル10のうちのレベル7の地震調整の前に起こるけれども、レベル10のうちのレベル7の順序が前方に跳び越えた指標にはならない。

ZetaTalk March19, 2011

沈み込み


 南の島に対する圧力は、北島の下の沈み込みが起こる程度まで、ユーラシアプレートの下につき進まず、傾くフィリピンプレートとの境界において、圧力は和らげられる。
 我々が推定した日本のレベル10のうちのレベル7は南の島(しかし現実にマグニチュード8)のM7と北島のM8(しかし現実にマグニチュード9)として宣言される。
   南の島のレベル10のうちのレベル7の衝撃は、実際日本の南島を苦しめているたいていの地震が襲うフィリピンのプレートとの境界で、主に★沖合で起こるだろう、そして南島を通る活断層ラインの間で、沿って起きるだろう。

  北の島にとり、レベル10のうちのレベル7の地震は、太平洋の沈み込みが火山のベルトに沿って島の中心で起きるプレートの境で起きるだろう。 これは最も大きい圧力が北アメリカのプレートの下でどうにかやっている太平洋プレートの摩擦から、この地域で、持続するところだ。

ZetaTalk October 15, 2011


 日本の北海道は太平洋の沈み込みからの圧力を受ける、それは当然に上の土地をしわくちゃにすることで下に深く造山運動を作る。
 しわくちゃになることは、他の部分が沈降し、転がる間 海岸に達し、返りでそれら自身を大洋へ向かう波のように、逆立つ(上がる)部分だと記述されえる。
 地震がしばしば、陸地に沿って巻く波のように描かれる、陸地の上昇、下降のように。
もし波が十分に大きければ、部分は上昇し、部分の下降は、北海道で見られたように、風景を引き裂くのに十分な標高差を持っている。
Hokkaido Island of Japan is subject to pressure from the subduction of the Pacific Plate, which creates mountain building deep below with consequent rumpling of the land above.
Rumpling can be described as portions rising while other portions drop and roll, like the waves arriving on a beach and turning upon themselves at the return to the ocean.
Earthquakes are frequently described as having the appearance of waves rolling along the land, the land rising and falling.
If the wave is large enough, the portions rising and the portions dropping and rolling have enough difference in height to cause the landscape to tear apart, as was seen in Hokkaido.
ZetaTalk - 2012年5月5日


★2012年にオバマ大統領の惑星Xの発表の支援のため、宇宙協議会によりレベル10のレベル7の進行が遅滞された!!  各プレート沿いにゼータの仲間達により、超ハイテクの地震軽減箱が数千設置された  その証拠に311東北地震以来、2016/4月まで地震被害ー死亡数は激減した  left
★熊本地震M9 とドミノ効果2016年4月23日 もちろん、主要な地震の後に余震が発生しますが、余震は、世界中の半分の★プレートにそった地震という結果になりません!  これは、宇宙協議会によりやわらげられ、延期された後、★★ふたたび現れたレベル10の内のレベル7です。 スンダプレートは★その沈下を完了し、フィリピンプレートは★その傾きを完了し、そして★南米の回転は、加速しています。
  ★  レベル10の内のレベル7の再始動 2016年4月16日 熊本大地震M9 <ドミノ効果>  エクアドルーM9発生 2016年4月16日  グアテマラ M6.2  2016年4月15日  バヌアツ  M6.0  2016年4月14日 これは、宇宙協議会によりやわらげられ、延期された後、★ふたたび現れたレベル10の内のレベル7です。 スンダプレートはその沈下を完了し、フィリピンプレートはその傾きを完了し、そして★南米の回転は、加速しています。23ap2016htm
2016年4月30日 これらが核攻撃されたなら、それらは、レベル10の内のレベル7の部分と考えることはできないのですか? またはどのように地震が起こるか問題ではないのですか? [別の情報源から] http://benjaminfulford.net/最近の南日本での地震の多発が、★すべて人工地震であったことは、日本のインターネット伝言板では規定の事実です。 示された証拠は、地震計のすべてが、一定して減少していく余震につづいた、★突然の巨大な衝撃をともなう爆発によって引き起こされた地震に似ているということです。

[さらに別の情報源から] https://truth11.com/2011/03/11/japan-tsunami-caused-by-haarp/  
米政府のナチのジョージ・ブッシュ・シニアの派閥から生じている脅迫によると、次の標的は、米国南西部のニューマドリッド活断層です。 ★海底の核兵器は、福島のディーゼル発電機を水浸しにするほど充分な高さの津波を保証するために使われました。 すべてが数年前に★ロックフェラー家により計画されました。 ロックフェラー家は、連邦準備銀行委員会を運営しつづけるために、いっそう多くの金銭を強請ろうとしていますが、★日本は、もう金銭がないと言いました。 A:ゼータ ベン・フルフォードは、過去に、「福島の災害を引き起こしたM9.5の地震は、自然なものではなく、★人工のものであり、西側銀行と日本政府との間の★紛争の結果であった」と、報告しました。
(フルフォードの)焦点が金融にあり、私達の姿勢は、“人類がまったく金銭に対処すべきではなく、完全に一貫して善意者のやり方ですべての資源を共有するべきである”ということでなので、私達、ゼータ達は、ベン・フルフォードの★正式承認情報源となることを選びません。
しかし福島についての私達の当時の声明は、この地震が、レベル10の内のレベル7の連鎖において日本のために私達が予測した一連の大地震に、★関連していなかったことを確認しました。 4月15日に、日本の熊本県で起こった大打撃についてはどうでしょうか?  これらは、インド=オーストラリアプレートの東端のバヌアツと、カリブ海プレートの西端のグアテマラでの大地震によって、ほぼ即座にともなわれ、数日以内に、ナスカプレートが南米プレートへとゆっくりと進むエクアドルでの大地震につづきました。
 福島がどこにも反響がなかったのに、明らかに環太平洋のまわりのプレートは、影響をおよぼされました。 日本でのレベル10の内のレベル7の地震のための私達の予測は、それらが“環太平洋火山帯での共振の調整”にともなわれるということです。 それゆえにフルフォードは、まちがっているのでしょうか? 彼は、熊本県地震が、初めは、★人工であったことで、彼は正しかったのですが、宇宙協議会は、遅らせていたことを発生させるために、レベル10の内のレベル7のプレート移動のブレーキを、★即座に解きました
。   したがって日本での4月15日の地震は、人工と、レベル10の内のレベル7のプレート移動の結果の、★両方でした。
  この範囲でレベル10の内のレベル7のブレーキを解くことは、★傲慢な銀行派閥に、「金融への彼等のとるにたらない論拠よりも、一般人の自宅と同様に彼等の自宅も、★さらに多く地球が直面することがあること」を★思い起こさせるために、宇宙協議会によっておこなわれました。 .

Aftershocks 注釈
Aftertime ハリケーン注釈
レベル10のうちのレベル7のペースのスロー化注釈

icon