icon Switzerland:スイス


                                                    沿岸沿いに少々接近した津波は、逃れる場所がどこにも無いとき高度により抑制されないでしょう。恐らく海への流出の準備をしていない人々にとり、少々濡れて安全ではないでしょう。大西洋に接している場所では下記に対して順応しなければなりません: 1. ヨーロッパの沿岸がこの理由のためだけに海抜150まで降下する、自転停止の一週間の間の大西洋の拡張、
2. 単なる地殻移動以上の海水の動きの進行を引き起こす、シフトの間大西洋海溝の分裂、
3. 海溝の隆起のために、同時に異なった方向に波立ち、従って大津波若しくは流動する極端な圧力下の海水を生じるだろう大西洋の海水の波浪。
フランスの低地地方は大西洋からのこの大波の直線上にあり、緩和されず、スイスに向かって邪魔されずにこれらの巨大な津波は通過し逆流していくでしょう。この上げ潮が遭遇する最初の幾つかの峡谷は大津波を体験し、これらの大津波の逆流現象は流入する海水が其の流入に対して同様の障害に遭遇しないフランス国境のアルプスで起こりそうです。
 地中海の海水もまた波立つので、遭遇しそうな地点である、スイスの高地で再び、圧力の高まりの下で海水の衝突が生じる可能性があります。居住者達は、これらの状況下で大津波を体験する峡谷から離れた、その様な大津波が打ち消され、遮蔽され、従って強烈に減少される地域の移動するように忠告されます。スイスはその後に於いて押し寄せる波より十分上に在るので、シフトの一時間後に自宅に戻る生存者達は新しい内陸の家で海釣りを始められる位置を占めていることに気付くでしょう。

ゼータトーク25 apr-05

icon