iconNew Zealand:ニュージーランド


シフトと極が溶かした後に、ニュージーランドが、海水面のかなり上に残留する所では、それにはすべての他の土地のように、シフトの間の同じ力が、服従する。津波は、その海岸線を猛攻撃し、断崖、または山脈は、海岸線に沿って横たわる所で、大津波は 起こるかもしれず、水を、予期されない高さに急送することをもたらす。
 ニュージーランドが、山脈の土地であるので、シフトの間に、シフトが起こり、海水が動き、満潮が居座っていた数日後だけに、海岸線に返して、内陸に、よく滞まる。

 第一にニュージーランドが、プレートで、オーストラリアと分担している所で、活断層ラインは、東に走り、および土地の下にある程度、動き、これは別れる。
 太平洋が短縮する時には、ニュージーランドの東のプレートは、インドと共有された傾くプレートの下に落ちて、そのニュージーランドが経験した傾きを支える。
 山脈の下の一つの端の上に突入するプレートにの傾きは、概して、すでに起こっているものの連続である。
 しかし、その現在の海水面下にインドが落ちる数100フィートで、ニュージーランドの端での上昇の主要な利点と共に、オーストラリアとニュージーランドと共有されたプレートの遠い端で同量の上昇がある。ニュージーランドは、現在の海水面より500フィート上で自身を見つけるために、すべて、水が動いた後に、停止すると予想される。
 650フィートから700フィートまでの海水面を上げることを予想される極融解で、この利益は消えるけれども、ニュージーランドにとり、上昇する土地が、その土地が、世界中の他の場所以上に、ポールが溶けた後に水面上にあるのを意味する。

ゼータトーク

icon