インド-India


   今度のポールシフトの間に、太平洋の圧縮のために、インドはそれが動くのに自由で、そしてヒマラヤ山脈の下に滑るために、まだ、周囲のプレートから別れるその端、それは全体的に残るのに十分に強いインドーオーストラリアのプレートの暴力的な突きを持って、ヒマラヤの高地の下に押し込まれる。

 インドでの彼らは、最初の強い衝撃の後に、その水が、内陸の人々にとって低い土地と考えるかも知れないどんな領域からも来て、そこに住んでいる人たちにとって、海岸から来る速く上昇しているのに、気づくであろう。

 巨大な波が起こらないであろう、ちょうど、水の中での速い上昇のように、それは出来るだけ長く、人々と動物に水を踏むように強いて、次に溺死することを強いるであろう。
 ボートの彼らは、水で調整によって作られた渦巻きが、小さいボートとよく似たもう少し大きいボートを転覆させるであろうのように、水が高くに届く時に異なるシナリオを見いだすであろう。
 今度のカタストロフィから助かるであろう人たちは、低地を離れるようアドバイスされる、西のオーストラリアと同様にインドのケースで、国を去ることを意味する。
  山の中で高く登り、そして現在のそのヒマラヤ山脈での造山運動が活動する変化の騒動の範囲の外に行きなさい。

ZetaTalk

icon