湯けむりロゴ湯けむり部会報告東京都,台東区,御徒町,燕湯,アメ横,上野公園,朝湯

第158弾「燕湯(台東区・御徒町)
〜早朝からやってる!アメ横にも程近いレトロ銭湯〜
 
 
    御徒町駅の近くで、銀の煙突発見♪            表に廻り、燕湯を目指す
 
 
なかなか威風堂々とした外観。おっと立派なご婦人が。    シンプルな暖簾がいい感じ。
 

ジャンル

銭湯

施設

『無冠』

 

・浴槽は2箇所(メイン、気泡)

・洗い場は26箇所、14箇所シャワー付

・気泡浴槽は深い

・富士山のペンキ絵、岩組みと滝がある

・洗面器は黄色いケロリンタイプで無地

・浴場内に時計あり 

 

 

・脱衣場に時計、体重計、ドライヤー20円

身長測定器あり

・お手洗いは脱衣場の別室

・ロッカーはカギ付無料

・味のある格天井 

 

 

・ビン牛乳有120円(白,コーヒー,飲むヨーグルト他)

・受付は番台

調査日

平成16年8月1日(日)

場所

東京都台東区上野3-14-5

営業時間

6:00〜20:00

定休日

毎週月曜日

料金

大人  400円(16歳以上)

中学生 300円

中人  180円(6〜12歳)

小人   80円(5歳以下)

※大人1人につき小人2人まで無料

泉質

銭湯

源泉温度

銭湯(45℃くらい)

駐車場

その他

ホームページあり

客層は(なんとなく見た感じ)

◎地元民

観光客

旅行客(宿泊客)

湯治客

ファミリー

マニア

◎…多 ○…中 △…少

コメント

「東京で朝風呂ができる銭湯」として有名な銭湯。

JR御徒町駅からもアメ横からも近いから利用しやすいはず。

実際、出勤前のサラリーマンが朝風呂に立ち寄ることもあるらしい。

 

 

  これだ! 脱衣場の黒光りする格天井

 

 

    

  ピンボケてるけど、ロッカー毎に    当然、ビン牛乳もあるよ(写真はヨーグルト)。

 「カギを持ち帰らないで下さい」とある。

V

 御徒町駅方面からアクセス。JR線側からは立派な銀の煙突が目印。表に廻ると、ビルに挟まれながらも立派に存在感を示す外観が出現した。おおこれは見事。同じ台東区の「曙湯」(再訪しなきゃ;)と同じようなエントランスの造り。千鳥破風の見事なエントランスといい、脱衣場の格天井といい、富士山の絵といい、ビン牛乳といい、まさに「お江戸の銭湯」である。

 

 さらにお江戸の銭湯では数少ない朝風呂も毎日開催!

 

 浴場に入るとまず、正面の壁に描かれた見事な富士山のペンキ絵が目に付く。これを見られただけでもここまで来た甲斐があったというものだ。

 カランは浴場の両サイドと中央に島カランを備えている。両サイドカラン14箇所にはシャワー備え付け。洗面器はケロリン風の黄色い無地タイプ。ケロリンの文字が色あせて消えちゃったのかな?

 浴槽は、浅めの浴槽と深めの気泡浴槽の2つ。そしてなんと浴槽背後のカベが岩組みの滝になっており、それがペンキ絵の富士山を”借景”してあたかも富士山の風景とこの浴槽が一体のものであるかのように表現しているのだ。

 湯温は、やや熱い。備え付けの温度計を見ると45℃を指しているからさすがだ。深めの気泡浴槽の方が熱かった。なお気泡浴槽はいきなり深くなっているので転倒に注意。

 風呂上りには定番のビンドリンク。最高だね。

 

 

アクセス

JR御徒町駅から南西方向へ3ブロック程度歩いたところ。徒歩3分ほど。

 

     マップはこちら

 


MENUへ