大村益次郎 (おおむら ますじろう)

1824〜69 長州藩士。村医の出身。敵塾で学んだ後に、宇和島藩に仕える。更にその後、幕府の蕃書調所で翻訳にたずさらる。第二次長州征討の折には指揮官として幕府軍を破る快挙を遂げる。戊辰戦争の折には、実質の総司令官として官軍を指揮。
 維新後は、兵部大輔(現在なら陸・海軍大臣)として近代軍制を定める。徴兵制を進め、軍備の欧化政策に反対する攘夷派士族によって襲撃され、その傷が元で死亡。
 身近なところだと、靖国神社に銅像があります。めちゃくちゃ、ど真ん中にね♪
 王子は、このお方の思考の先の読み方、合理的なところにめちゃくちゃ惚れました。しかも、自分の思っていることを相手に伝えられない不器用さも人間臭くていいのだ!

もっと知りたい方は・・・

花神/司馬遼太郎/いろいろな出版社から出てます♪
大村益次郎 軍事の天才といわれた男/稲葉稔/PHP研究所
大村益次郎/土橋治重/国土社

などなど、まだまだいっぱいあります☆