Western Gull Larus occidentalis
ad.winter Larus occidentalis
San Francisco USA, 
December 2nd 1999


アメリカオオセグロカモメ成鳥冬羽
12月2日
サンフランシスコ
フィッシャーマンズワーフ

一見オオセグロカモメにとてもよく似て
いる。静止時、初列風切裏面はオオ

セグロカモメより黒い。脚はより長くて
オオセグロより淡いピンクまたは肉色
に見えることが多い。オオセグロと違
い冬羽でもほとんどの個体は頭が真
っ白で、褐色斑はあってもこの個体の
ようにわずかにしみ状についている程
度。至近距離で見るとアイリングが黄
色から橙色で、オオセグロの濃い赤と
ははっきりと異なっている。また、鳴き
声はカハ カハ カハ カハ・・・・
などと聞こえるるかすれた声で、オオセ
グロカモメとは、かなりはっきり違っ
ている

ad.winter Larus occidentalis
San Francisco USA, 
December 2nd 1999


アメリカオオセグロカモメ成鳥冬羽
12月2日
サンフランシスコ
フィッシャーマンズワーフ

本種はアメリカ西海岸の鳥類の
中でも特に数が多く、海岸から街
中まで至る所で見られる。日本の
大型カモメと違って、公園で人の
投げ与えるパンを食べたり、朝
からビルの谷間で生ごみをあさ
ったりと、まるで東京のハシブト
ガラスのような生活を送っている。
この写真の個体は、初列風切を
換羽中。
 ad.winter Larus occidentalis
 San Francisco USA, 
 December 2nd 1999


 アメリカオオセグロカモメ成鳥冬羽
 12月2日
 サンフランシスコ
 フィッシャーマンズワーフ
 
 初列風切のパターンは、オオセ

 グロカモメより黒色部が大きく白
 色部は小さい。オオセグロカモ
 メでは初列風切の外から3.4
 枚目の内弁の内側に大きく白色
 部が入り込んでいることが多い
 が本種ではその部分はほとん
 ど黒い。
2nd winter Larus occidentalis
San Francisco USA, 
December 2nd 1999


アメリカオオセグロカモメ成鳥冬羽
12月2日
サンフランシスコ
フィッシャーマンズワーフ

本種の第2回冬羽は、頭部に灰褐色斑
が多く密集し、顔がかなり暗色に見える
が、そのわりに腹部は斑が少なく白っぽ
く見える個体が多い。オオセグロカモメ
ではこのバランスが逆転していることが
多い。

1stwinter Western Gull       Back