ad.winter Glaucous gull L.hyperboreus
Dec. 2000 Hokkaido Japan
Photo by Yoshiaki Watanabe


シロカモメ成鳥冬羽
2000年12月 北海道  撮影:渡辺義昭氏
 
右の個体は左の個体に比べれば頭が角張っていなくて嘴も多少小さいが、
一見して問題なくシロカモメ。 亜種(?)barrovianusの可能性もあるが、
単なる♀かもしれない。12月7日根室市珸瑤i
 
12月7日 別海港
全体にがっしりした典型的シロカモメ。
初列風切は進展中。
12月7日根室市珸瑤i
嘴が太くて長く、典型的シロカモメ。
 
12月8日 北海道網走市海岸町
これも典型的。嘴は太いがやや短めにも見える。
これは喉をやや膨らましているせいかもしれない。
12月9日 北海道網走市海岸町
首を縮めているのでやや印象は異なるが、
嘴は充分大きく、普通のシロカモメ。
12月7日 根室市温根元港
上の他の個体よりは多少嘴が小さい印象だが、首を縮め、後頭部の羽毛
が膨らんでいることも影響している。全体には脚が長めで腰高な感じで、
ごく普通のシロカモメの形態。
Back 1st./2nd/3rd winter