Laughing Gull
 Second summer to adult winter Laughing Gull Larus atricilla
 Toyohashi Aichi Japan, September 13th 2000
 ワライカモメ 2000年9月13日 愛知県豊橋市神野
 分布図を見る限り、ワライカモメは北アメリカでも南部に分布し、分布域に留まる傾向が強いので、この種が
 日本に現れたことに驚かれた方も多いと思う。だが近年の記録を見ると、太平洋の島々に頻繁に出現している。
 ハワイ諸島で多くの記録があり、ジョンストン島、ライン諸島、フェニックス諸島、西サモア、オーストラリア、
 日本に最も近いところではマーシャル諸島などに現れている。(DutchBirding1990)
 本種は嘴と脚、首が長い、南方系の種によく見られる体型をしている。この写真でも後ろのユリカモメより明ら
 かに脚が 長いのが分かる。ユリカモメと同じかやや大きめ。翼もかなり長いが、外側初列風切が旧羽で摩滅し
 ているためあまり長 く見えていない。背の色はユリカモメよりかなり濃く、ウミネコと同じか、やや淡い程度。


Back