カスピキアシセグロカモメ
 Larus cachinnans
January 15th 2005 Barka, Oman


これぞcachinnans !といった感じの個体。嘴、頭、首、脚、全てが長く、全体としてかなり変わった雰囲気に見える。脛も随分長く見える。(▽以下同一個体)


カスピキアシセグロカモメ(中央)とホイグリンカモメ
ホイグリンカモメとの形の違いに注目。嘴+頭が随分長く、折り畳まれた首も前に張り出して見える。黒色部が少ない初列風切P10下面のパターンにも注目。


カスピキアシセグロカモメcachinnans(左)とカザフキアシセグロカモメbarabensis (右)
両者の特徴がよく出ている。barabensisは頭が丸く嘴も短めで、この時期嘴と脚がより鮮やかに見える。


カスピキアシセグロカモメの2ショット
左は13日にも観察した
この個体


全体に羽毛を少し寝かせたりすると、細長い体型がさらに強調される。ハシボソカモメの第一回冬羽もそうだが、なんだかダイサギ?を連想してしまうような雰囲気もあった。