MU's Diary 2005



MU's Diary

ブログ版 MU's Diary

になりました

 


10月16日


エナガ

アンテナにエナガという微妙に変なシチュエーションで面白かったけれど、さすがに天気悪すぎてあんまり上手く撮れず。


10月15日


エゾビタキ

今日はエゾビタキ3羽と、別ポイントでキビタキ2羽。サメビタキは抜けた模様。トケンが1羽飛びぬけたがやっぱり茂みに突っ込んでそのまま行方不明。もうちょっと一箇所で盛大に出て欲しいところだが、なかなかそううまく行かないなあ。


10月14日

近所の川でカルガモが求愛ディスプレーをしてた。♂が5羽くらい淀みに集まって、コガモが春先によくやるのと同じような、「反り縮み」とか「水はね鳴き」を繰り返し、♀は♀独特の「けしかけ」という動作を頻繁にやっていた。普段の外見からの雌雄の識別がちゃんと合っていることを、行動の面からも改めて確認できて面白かった。


10月13日

久々の多摩川。セグロは成鳥ばかり5羽くらいはいたかな。しかしなんだか脚ピンクのフツーのvegaeばかり。小鳥はキビタキとメボソムシクイを1羽づつ見た。いやそれにしても相変わらず鳥少ないよなあ。


セグロカモメ(左)とオオセグロカモメ(右)


オオセグロカモメ

ヨシガモ


ミサゴ


セイタカシギ
ちなみにこれは昔より増えた。それにしても何でこんなにいるんだ!?


アオアシシギ
夕方よく鳴いていた。やっぱりいい声だな。


10月12日

今日もサメはいた。それ以外ではキビタキの♂が1羽飛びぬけていったりしたが、どうもヒタキは少ないようだ。エゾビタキも見かけなかった。薄めの無地グレーのと、半分青いのはこの秋まだ見てない。あとできれば橙色のも見たいんだけどなあ。


サメビタキ

サメビタキ

コサギ

ハシブトガラス


キセキレイ


ハクセキレイ


10月11日

サメビタキ

昼ごろ近所のヒタキチェック。2日にエゾがいた辺りを見たが、キビタキ1羽が暗がりでチラッと見えただけで他は何もいない。諦めて他のポイントへ。こちらもシ―――――ンとして鳥の気配などない・・・。

天気も悪いしまあ帰るか、と思った瞬間、に枯れ枝にピューッとヒタキが一羽飛び出てきた。あれれ?しかもサメじゃないか!昨年はエゾは多かったもののサメは見逃したのでちょっと嬉しい。曇天で暗くて撮りにくかったが、枝先でひらひらやっているのをしばし堪能できた。



アブが「ヤラレタァ〜」と言っておる。


10月8日

久々の不忍池。残念ながらカモは少ない。どうも遅れ気味のようでちょっと残念。そんなわけで普段カモが多いと撮らずに終わってしまうカイツブリなんかを撮ってのんびり(でもないか)過ごした。

ちなみにここなら自転車はなくてもことは足りるのだが、といいつつあえて持って行ってみた。「ちょっとトイレ」とか、「飲み物」とか、「他にいいポイントないかな〜?」とか、これがなかなか使い手があってやっぱりなかなか便利♪

ところで、あれ?今日のところは例の黒いシミは気にならないな。昨日のダイサギが思い切り気になるシチュエーションだったってっことだろうけど、「気にしない」というのもアリかな?という気もしてきた。さてどうしよう?


オナガガモ(♀幼羽)
例えばシギチの幼羽がわかる人なら、これが幼羽というのもな〜んとなく感覚的にすんなり納得できるんじゃないかな、と思う。


ハシビロガモ♂

スズメ


カイツブリ

コゲラ

10月7日

新兵器システム(一応家族共用)のテスト。

SONYサイバーショットDSC-W7+Nikon ED82に、照準器、レリーズ、液晶シェードまでついて、もうこれで撮れなければおかしいだろ、というイタレリツクセリセット。何で買うことになったのかよくわからない気もするけど、なんだかとにかく買ってしまった。

で、まあ、当然の如く撮れる。そして今更ながら、照準器ってすごいなと思った。とにかく今までずっと傾斜型だったので、木々の間の小鳥なんかもう、どこ見てんだかわからないうちに見失うことの方が多いくらいだったのだが、直視型+照準器はまさにこれ鬼に金棒。少し慣れるともう一発でスポッ!とスポットできる。それとレリーズもやっぱり効果ありますねえ。なんだか不便なシステムで頑張ってきてこういうのを買うと、むしろ便利すぎて気持ち悪いくらい・・・(笑)。


ダイサギ


シジュウカラ

しかし!帰宅後に問題発覚・・・。現場では気がつかなかったが、ダイサギの画像に何か黒いシミみたいなのが見える・・・。なんかこれ、ソニーのデジカメによくある現象なんだそうで、修理に出すしかないらしい。一様な空とか水面でないとわからないくらいのものなので、まあ、「気にしない」という勇気ある選択肢(?)もないこともないのだが、まあ、直した方がいいだろな・・・。せっかくの新兵器がいきなりこれってのはさすがにテンション下がりますねぇ・・・。


10月5日

なんだか大変ですね。私も標識調査には以前からそれなりに疑問やら違和感を感じてはいるのだが、このところの動きには正直ちょっとついていけないな。どう見てもとばっちりを受けてる知り合いもいたりで、何よりその辺は気の毒でならない。


10月2日

今日はもう少し愛想よかったけど、どうも数は増えてない模様。エゾビタキも木の梢に出ていたのはちょっとの間だった。


エゾビタキ

エゾビタキ


キビタキ


10月1日

午前中近所。エゾビタキ1、キビタキ3くらいいたが、どうも愛想悪くて残念。
ゴイサギ

過去