最新・カモメ情報 2013.3.26 銚子  M.Ujihara

アメリカセグロカモメ 
Larus smithsonianus 第2回冬羽

今期しばしば観察されている第2回冬羽が午前中に30分ほど近くで観察できた。虹彩はまだそれほど淡色になっていないが、背の薄さはよく目立つ。






後ろはセグロカモメ。





アメリカセグロカモメ? 
Larus smithsonianus?  成鳥冬羽
単独で見た第一印象はアメリカセグロカモメで、近づいてみると眼瞼もオレンジ色。しかしセグロカモメの中に入ると背の色の差が感じられず判断に迷った個体。両種の背の色はオーバーラップがあるので、アメリカセグロカモメの濃い個体の可能性はある。




眼瞼はオレンジ色。