最新・カモメ情報 2013.3.11 銚子  M.Ujihara

アメリカセグロカモメ Larus smithsonianus


第2回冬羽
3月2日3月7日にseichoudokuさんが観察されているものと同一個体と思われる。今回は干潟には現れず、防波堤の一番遠い辺りで休んでいたのでかなり観察しにくかった。






第3回冬羽
上の個体の左手十数メートルのところにいた個体。発見時はたまたま真横を向いて伸びをする瞬間だったが、残念ながら撮影準備をしている間にこの姿勢になり動かなくなってしまった。上の第2回冬羽より虹彩が明らかに淡色で非常に目についた。